グッド・ドクター 名医の条件#15|元警官アレックスが加入

「グッド・ドクター 名医の条件」

「グッド・ドクター 名医の条件」

どうも、夏蜜柑です。
「グッド・ドクター 名医の条件」第15話

今回も盛りだくさん。そしてモーガンに続いて新メンバー、元警官のアレックスが加入。モーガンとアレックスはシーズン2でレギュラー昇格が決定しているので、今後も目が離せませんねー。

以下、ネタバレを含みますのでご注意ください。

#15「親愛なる誰かへ」あらすじ

  • メレンデスのチームに、コイルの元にいた医師アレックス・パクが加わる。アレックスは45歳。警官を15年やってから医者になったという。
  • ショーンとモーガンはリムの元で生まれつき心臓脱出の少女スピリットを担当。彼女は成長して胸郭が広がるまで14年待ち、ようやくオペの日を迎えるが、心臓が大きくなりすぎて収まらないことが判明。モーガンの提案で、人工胸骨を使ったオペが行われ、成功する。
  • クレアとジャレッド、アレックスの3人は、メレンデスの元で肝移植を受ける少年エリックを担当。エリックは今すぐ移植をしないと命を落とす危険な状態だったが、ようやく見つかったドナーは7人を殺害して刑務所に収監中の服役囚だった。
  • 嫌がるエリックを眠らせてオペを敢行するメレンデスだが、服役囚のボリスが麻酔アレルギーを発症。オペは中止となってしまう。ボリスはクレアとアレックスの前で自殺を図り、急遽移植手術が行われエリックは助かる。
  • ショーンは2000ドルのタキシードを購入して病院恒例のチャリティー・パーティーに参加する。モーガンから積極的に人と交わるよう助言されるが、尻込みしてしまうショーン。だがスピリットが院内の患者に気さくに話しかけている様子を見て考え直し、パーティー会場に戻り輪の中に入っていく。

#15「親愛なる誰かへ」感想

今回もメレンデスチームとリムチームに分かれるという展開。

メレンデスチームは、肝移植を受ける少年エリック。
リムチームは、生まれつき心臓脱出の少女スピリット。

そして今回から加わったアレックス・パク医師は、メレンデスのチームでエリックを担当。この人、元警官ならではのやり方で患者の心に入りこむのですが……。

夏蜜柑

バッグの中身を探るとか、怖い。
ジャレッド呆れてたやん。

ふぐ丸

人と触れあいたい

ショーンが担当したスピリットは、心臓が胸郭の外にあり、お腹から半分くらい飛び出している状態。学校にも通えず、人混みを体験したこともない。

彼女の望みは、人と触れあうこと。ハグしてもらうこと。
人混みを歩いたり突き飛ばされたりすること。

これ、ショーンとは真逆の望みなんですよね。
人と交わることが苦手なショーンには、だから彼女の気持ちが理解できない。

スピリットは、おしゃべりが大好きな明るくて社交的な女の子。
外に出て人と触れあうことはできなくても、ネットで繋がる友達がたくさんいる。

でも、彼女が本当に望んでいるのは「ネットで繋がる友達」ではなく、リアルに触れあえる、体温を感じられる友達なんですよね。

2000ドルのタキシード

強制参加を言い渡された病院主催のチャリティー・パーティーにも、気が進まないショーン。

そんなショーンに、モーガンはきつくあたります。
自閉症を言い訳にして逃げるな、と。

モーガン、前回はクレアに対抗心燃やしまくって点数稼ぎに必死で「嫌な感じ!」って思ったけど、意外といいとこもあるんだねぇ。

ショーンのことを「尊敬はしてないけど、嫌いじゃない」ってハッキリ言うとこも、悪くない。言い方はキツイけど、悪い人ではなさそう。

で、ショーンはモーガンに勧められた2000ドルのタキシードを購入すべきかどうか迷う。
アンドリュースに相談したら「レンタルで充分」と助言されるんだけど……。

夏蜜柑

結局、モーガンが勧める2000ドルのタキシードを買う。
日本円なら22万円。高っ。

ふぐ丸

2000ドルのタキシードでバッチリ決めてパーティーに参加するものの、人々の会話の輪に入っていけないショーン。

会場からこっそり抜け出し病院に戻るのですが、手術を終えたスピリットがさっそくほかの患者と仲良く話している様子を目撃し、考え直します。

勇気を出して見知らぬ人たちに話しかけるのですが、会話が続かない。諦めかけたとき、アンドリュースが助け船を出します。

夏蜜柑

最近、アンドリュースの株が上がるわ~。
ここはちょっと泣けた。

ふぐ丸

殺人犯の臓器

クレアは、エリック少年に肝臓を提供してもいいというドナーを見つけ出しますが、そのドナーは7人殺して服役中の殺人犯ボリスでした。

殺人犯の肝臓を自分の体内に入れたくない、と泣き叫ぶエリック。臓器に人格なんてない、という医師たちの言い分は正しいのだけど……。

夏蜜柑

エリックの気持ちもわからなくはないなぁ。

元警官のアレックスは、ボリスが肝臓を提供すると嘘をついて逃亡する機会を狙っていると疑う。ボリスは本心から「いいことをしたい」と思っていたのだけど、結局麻酔アレルギーでオペは中止。

いいことをしようとしても、いつもうまくいかない、と嘆き悲しむボリス。
そしてそんなボリスの心の闇につけ込んで、アレックスはボリスの自殺を誘導します。

これはアカン。

ふぐ丸

クレアから、ドナーが自分のために自殺を図ったことを聞いたエリックは、肝臓を受け入れることを承諾します。

エリックがボリスに感謝の気持ちを抱いてくれたことだけが、救いでした。
そうじゃなかったら、本当にやりきれない結末だったと思う……。

モーガンといい、アレックスといい、コイルの元にいた人材は曲者ばっかりですねぇ。


ほかの記事を読む?

全米大ヒットドラマ「グッド・ドクター 名医の条件」 アメリカドラマ「グッド・ドクター 名医の条件」原作(リメイク元)・キャスト(吹き替え) 山﨑賢人主演「グッド・ドクター」 グッド・ドクター第1話|原作の悪いところは真似しないで