「石つぶて」原作・あらすじ・登場人物(キャスト)

連続ドラマW 石つぶて~外務省機密費を暴いた捜査二課の男たち~

(C)WOWOW

「石つぶて」の記事一覧を見る

佐藤浩市さん主演のドラマ「石つぶて~外務省機密費を暴いた捜査二課の男たち~」が、11月5日(日)にWOWOWプライムでスタートします。

元読売巨人軍の代表兼GMで、現在はノンフィクション作家として活動する清武英利さんの最新著書「石つぶて 警視庁 二課刑事の残したもの」をドラマ化。

2001年に発覚し政官界を揺るがした「外務省機密費詐取事件」をテーマに、無名の刑事たちが総理官邸でひそかに使われている「機密費」の存在を暴いていく重厚な社会派ドラマです。

番組情報

  • 放送局:WOWOWプライム
  • 放送時間:2017年11月5日(日)から毎週日曜夜10:00~【全8話】
  • 原作:清武英利「石つぶて 警視庁 二課刑事の残したもの」
  • 脚本:戸田山雅司(「連続ドラマW しんがり~山一證券 最後の聖戦~」「スペシャリスト」「相棒」)
  • 監督:若松節朗(「連続ドラマW しんがり~山一證券 最後の聖戦~」「沈まぬ太陽」)、村谷嘉則
  • 音楽:住友紀人(「連続ドラマW しんがり~山一證券 最後の聖戦~」「テルマエ・ロマエ」)
  • 主題歌:moumoon「Let it shine」

あらすじ

警視庁捜査二課の情報係係長に斎見晃明(江口洋介)が着任する。情報係には捜査四課時代、斎見と合同捜査をともにした偏屈な刑事・木崎睦人(佐藤浩市)がいた。
そのころ木崎は、情報収集のために足しげく通う元国会議員の事務所で、外務省のノンキャリア職員に贈収賄容疑があることを知る。折しも九州沖縄サミットの開催が決まり、外務省に法外な予算が付く時期だった。
省庁の中でも最も聖域とされる外務省への疑惑に興奮を隠せない木崎だが、彼にはかつて内閣府に対する捜査情報が漏れ政治的な圧力でつぶされた経験があり、上司でも捜査情報の共有を拒む徹底ぶり。木崎が外務省という巨大な敵を標的にしていると直感した斎見は、単独捜査の無謀さを説き、強引に木崎に近づこうとする。
そんな中、外務省への疑惑は、やがて政官界を揺るがす大事件に発展し、彼らの前に国家の壁が立ちはだかる。WOWOW公式サイトより)

原作について

このドラマの原作は、清武英利さんの書き下ろしノンフィクション「石つぶて 警視庁 二課刑事の残したもの」です。

2001年に発覚し、政官界を揺るがした「外務省機密費詐取事件」。外務省の役人が機密費を着服、私的流用していたこの大事件を、刑事たちがどのように立件したのかを追ったヒューマン・ノンフィクション。

清武さんの著書が連続ドラマ化されるのは、2015年に同局で放送された「しんがり~山一證券 最後の聖戦~」以来、2度目となります。

created by Rinker
¥1,944 (2018/12/16 22:01:20時点 Amazon調べ-詳細)

清武英利さんについて

1950年生まれ、宮崎県出身。
立命館大学経済学部卒業後、1975年に読売新聞社入社。
社会部記者として、警視庁・国税庁などを担当。

東京本社社会部次長時代に、第一勧業銀行総会屋事件や山一證券の破綻などをスクープ。
中部本社(現中部支社)社会部長、東京本社編集委員、運動部長を経て、2004年8月より読売巨人軍球団代表兼編成本部長。
2011年11月、専務取締役球団代表兼GM・編成本部長・オーナー代行を解任され、係争に。

現在はノンフィクション作家として活動。
著書「しんがり 山一證券 最後の12人」で、2014年度講談社ノンフィクション賞受賞。

主な著書に「プライベートバンカー カネ守りと新富裕層」「奪われざるもの SONY『リストラ部屋』で見た夢」「特攻を見送った男の契り」など。

登場人物(キャスト)

警視庁捜査二課

第一知能犯情報係

木崎睦人……佐藤浩市
主任・警部補。武骨で真っ直ぐな男。汚職摘発に執念を燃やす刑事だが、出世からは程遠い。過去に捜査二課内の上司に裏切られた経験から、情報の保秘を徹底している。二課刑事として、誰よりも強い誇りを持っている。

斎見晃明……江口洋介
係長・警部。捜査四課に10年以上在籍していたが、数年前に起きた暴力団が絡む談合事件での功績が認められ二課に引っ張られた。個人技に頼り、保秘を徹底する二課の特殊な捜査方法に異論を唱える。

矢倉かすみ……飯豊まりえ
刑事・巡査。所轄署から捜査二課に抜擢された三年目の駆け出し若手刑事。新聞のスクラップ等、雑用が主な仕事で、本来の志望が叶えられずにいるが、いつか自分が情報を取る!と燃えている。

町沢貞次……細田善彦
管理官・警視。警察庁キャリアで若くして管理官に。しかし捜査経験はほとんど無い。トラブルに巻き込まれないよう、事なかれ主義。独断で動く木崎へのクレ-ム処理に頭を抱えているが、木崎の刑事魂を頼もしく憧れてもいる。

尾形保……おかやまはじめ
情報係のベテランの刑事。主任ではあるが、中々上手い情報にありつけていない。このまま波風立てずに平穏に定年を迎えたいと考えている。

近藤哲平……佐藤銀平
情報係の巡査部長。いつも尾形とつるんで、捜査二課で起こるあらゆることを噂している。

第四知能犯(ナンバー)

細野辰彦……三浦誠己
一係長・警部。二課の出世頭と言われている、将来の幹部候補。元銀行員で経理・簿記に詳しく帳簿上の金の流れを読める人物。帝国証券を横領事件で摘発するという大手柄をあげる。

羽佐間克男……菅田俊
三係主任・警部補。ナンバーの中でも一番の瞬間湯沸かし器と言われていて、彼を恐れる者が多い。常に情報係を敵視している。しかし取り調べは超一流で、彼の手にかかると誰しもが口を割ると言われている。木崎とは高校卒の同期入庁。

捜査二課課長

東田将之……萩原聖人
警視正。入庁以来捜査二課畑を歩き、知能犯捜査にはかなりの自信を持つキャリア。芯の通った正義感がある上に人情深いところもある。あだ名は「坊ちゃん」。愛読書は司馬遷の「史記」。

外務省

真瀬和則……北村一輝
秋村篤郎の後任として93年から要人海外訪問支援室長のポストに就いたノンキャリアの実力者。海外サミットや首脳陣の外遊に同行し、身の回りの世話を徹底して行う。

秋村篤郎……羽場裕一
前要人海外訪問支援室長であり、ノンキャリア職員。九州沖縄サミットでは、真瀬に沖縄の仕切りを奪われる。西欧局第一課課長補佐。

児玉英臣……清水伸
ノンキャリア職員。外務省に入省した1975年にアメリカ局北米第二課で真瀬和則と出会い、常にサポート役にまわっている。国際経済局総務参事官室課長補佐。

安西俊春……佐野史郎
キャリア官僚。官房局長。内閣とつながっている人物。外務省を守る為には手段を選ばない。真瀬の動向を誰よりも注視している。

澤井勲平……山田明郷
キャリア官僚。総務局長。ノンキャリアとして尽くしてくれる真瀬を可愛がっている。

鈴原彰一……田中健
キャリア官僚。総務局総務課長。入省した時から澤井の部下として働いてきた澤井の腰巾着。

主題歌

このドラマの主題歌は、moumoonの新曲「Let it shine」です。

ヴォーカル・YUKAさんの独特で柔らかな歌声、ストリングスやコーラスが織りなす優しい世界観で、“一歩ずつ未来へと進んでゆく強い想い”を歌っています。

コメント台本を拝見させていただき、それぞれ個性ある役柄に惹きつけられ、主人公の木崎を中心にどのようにドラマが展開していくのか目が離せなくなりました。この「Let it shine」という楽曲では、迷いながら、探しながら、それでも一歩ずつ未来へと進んでゆく強い想いを歌っています。この楽曲がドラマ『石つぶて』に寄り添うことが出来れば大変うれしいです。

ひとこと

かなり骨太な社会派ドラマになりそうですね。
原作がノンフィクションなので、リアルな感覚で“血湧き肉躍る”面白さを楽しめそうです。

佐藤浩市さんは、2011年放送のテレビ朝日ドラマ「陽はまた昇る」以来、6年ぶりの連続ドラマ主演。「何年ぶりとかはあまり関係ないんですけど、自分の役者人生がどれくらい残っているかわからない中で、やりがいのあるものに出たいと思っています」とコメント。

佐藤さんとは初共演となる江口洋介さんも、「こんなチャンスは、ほかにない。佐藤さんの背中を見ながら、同じ俳優として共演できることが嬉しい」と、完成披露試写会の挨拶で語っていました。

そのほか、北村一輝さんや萩原聖人さんといった多くの豪華な俳優陣にも注目したいです。

「石つぶて」の記事一覧を見る


ほかの記事を読む?