カウンターパート【シーズン2】登場人物(キャスト/吹き替え)・用語解説

カウンターパート【シーズン2】キャスト・あらすじ
海外ドラマ「カウンターパート/暗躍する分身 」シーズン2(全10話)の紹介です。

アカデミー賞受賞のJ・K・シモンズ主演。陰謀と裏切りに満ちた新感覚スパイスリラーのシーズン2。(WOWOW公式サイトより)

シーズン1のラストで通路が閉じられ、入れ替わったまま元の世界に戻れなくなってしまった2人のハワード。2つの世界はどうなってしまうのか?

続きが気になってたんですよね~。
シーズン2で打ち切りになってしまったのが残念ですが、最後まで見届けます!

シリーズ構成

※この記事は随時更新中です
 

作品概要

  • 放送局:WOWOWプライム
  • 放送時間:2019年12月3日(火)から毎週火曜夜11時~【全10話】※第1話のみ12月1日(日)午後5時~先行無料配信あり
  • 監督:カイル・パトリック・アルバレスほか
  • 脚本:エイミー・バーグ/ジャスティン・マークス
  • 製作総指揮:ジャスティン・マークスほか
  • 全米放送:2018年12月~2019年2月(第2シーズン)

あらすじ

ベルリンにある国連秘密諜報機関の情報伝達部で30年近く働いてきたハワード。上司の指示で会わされたのは、なんと自分とうり二つな“もうひとり”のハワード。実はハワードがいる表の世界と“もうひとり”がいるパラレルワールド=裏の世界が存在していた。表ハワードと裏ハワードは正反対の性格だったが、やがて一流スパイである裏ハワードが表の世界で、戦略部に異動した表ハワードが裏の世界でそれぞれミッションをこなすようになる。
前シーズン最後、表の世界と裏の世界の外交関係は終わり、2つをつなぐ“交差点”のドアは閉じられた。裏の世界で監禁されてしまった表の世界のハワードの運命は。一方、表の世界で立場が危うくなった裏の世界のハワードは……?(WOWOW公式サイトより)

予告動画


登場人物(キャスト)

※シーズン1のネタバレを含みます

表の世界(アルファ)

ハワード・シルク(J・K・シモンズ/声:壤晴彦)

ベルリンにある国連の諜報機関・情報伝達部で働く平凡なサラリーマン。温厚な性格で愛妻家。昇進には縁がなく、30年もの間、毎日まったく意味のわからない単純作業を黙々とこなしている。
ある日、戦略部のクエイルに呼ばれ、平行世界からやって来たもう一人の自分と対面し、平行世界の存在を知らされる。昇進を条件に別ハワードに協力するようになり、正反対の自分に興味を掻き立てられていく。

エミリー・バートン・シルク(オリヴィア・ウィリアムズ/声:五十嵐麗)

ハワードの妻。6週間前に交通事故に遭い昏睡状態に陥っている。弟のエリックが実家で引き取りたいと申し出る中、別世界の殺し屋ボールドウィンに命を狙われる。
実はスパイでアルドリッチの部下だが、ハワードには秘密にしている。別ハワードの情報源でもあり、戦略部にスパイがいることに気づき命の危険に怯えていた。自分に万一のことがあったときはハワードのことを頼むと別ハワードに手紙を残していた。

ピーター・クエイル(ハリー・ロイド/声:森川智之)

国連諜報機関の戦略部の副部長。平行世界について知っている数少ない人間のひとり。裏の世界からハワードの分身がやってきたことで様々な問題に直面しうろたえる。こちら側のハワードに協力を要請するが、その代償として昇進を要求される。
ファンチャーの娘と結婚し、生まれたばかりの娘がいる。裏の世界から送り込まれたスパイ〈シャドウ〉を特定しようと調査する中で、妻・クレアが〈シャドウ〉だと気づくが、保身のためにハワードに罪を着せようとする。

アルドリッチ(ウルリク・トムセン/声:小林操)

国連の諜報機関・管理部に所属する諜報員。慎重であると同時に、哲学者肌でもある。クエイルと共に、裏の世界からやってきたハワードの対応にあたる。
殺し屋ボールドウィンを追う中で、こちらの世界のボールドウィン(ナディア)を銃撃戦に巻き込み殺してしまう。クエイルを〈シャドウ〉だと疑っていたが、クエイルから「ハワードに利用された」と聞かされる。

クレア(ナザニン・ボニアディ/声:加藤有生子)

出所不明の謎多き女性。裏の世界からやってきた殺し屋ボールドウィンに指示を出している人物。ボールドウィンが表世界の警察に捕まり尋問を受けたため、ランベールからボールドウィンの殺害を命じられる。
物語の中盤で、クエイルの妻であり、戦略部に送り込まれたスパイ〈シャドウ〉であることが判明する。裏の世界の過激派が設立したスパイ養成学校「インディゴ」で子供の頃から訓練を受け、表の世界に送り込まれた。

ナディア・フィエロ(サラ・セラヨッコ/声:種市桃子)

ヴァイオリニスト。少女時代、酒好きで暴力的な音楽家崩れの父親から厳しいレッスンを受けて育った。10歳の時、父親が駅のホームから線路に転落した際、助けを呼ばずに見殺しにした過去に苦しみ、自傷行為を繰り返していた。裏の世界からやってきた殺し屋ボールドウィンに狙われ、銃撃戦に巻き込まれて命を落とす。

クラウス・ランベール(ガイ・バーネット)

大使館に勤務している裏の世界の大使。密かにクレアやボールドウィンとも繋がっている。ボールドウィンが情報を漏らしたのではないかと疑い、クレアに殺害を命じる。

ファンチャー(リチャード・シフ)

外交官。クエイルの義父で、クレアの父。

グレタ(リヴ・リサ・フリース)

コーヒーショップの女性店員。ボールドウィンの正体を知らないまま、恋に落ちる。

裏の世界(プライム)

ハワード・シルク(J・K・シモンズ/声:壤晴彦)

平行世界からやってきたハワードの分身。こちら側のハワードとは正反対の性格で、大胆不敵な腕利きのスパイ。優秀だが自己中心的で高圧的な男。
組織の末端に甘んじるハワードを見下しているが、表の世界に入り込んだ殺し屋のボールドウィンを始末するため協力を得ようとする。離婚した妻・エミリーとの間にアンナいう娘がいるが、夫婦関係、親子関係ともに破綻している。

エミリー・バートン・シルク(オリヴィア・ウィリアムズ/声:五十嵐麗)

国連の諜報機関の上級職員。戦略部でスパイ防止活動をしている。薬物依存の過去があり、別ハワードとは離婚している。別ハワードが何らかの理由で命を狙われ、自分もその陰謀に巻き込まれていることに気付く。
表の世界のハワードに信頼を置くようになり、ハワードの協力を得て〈インディゴ〉にたどり着く。

イアン・ショウ(ニコラス・ピノック/声:神尾晋一郎)

表の世界と裏の世界の調和を保つために暗躍する諜報員。別エミリーと交際している。エミリーが薬物依存で苦しんでいたとき、彼女のそばにいなかったハワードに憎しみを抱いている。
エミリーやハワードと共に〈インディゴ〉に乗り込み、3人のスパイが表の世界に潜入していることを突き止める。

ボールドウィン/ナディア・フィエロ(サラ・セラヨッコ/声:種市桃子)

冷酷な暗殺者。ある目的のために、裏の世界から表の世界へ渡航してくる。表の世界の自分(ナディア)と少女時代の辛い過去を共有している。
ハワードが表の世界のナディアに接触しようとしたためクレアからナディアを殺すよう命じられるが、殺すことができず表の世界の警察に拘束される。
クレアとは深い関係にあったが裏切られ、コーヒーショップの店員・グレタと関係を持つようになる。

アンナ(サラ・ボルジャー)

裏の世界でのハワードとエミリーの娘。父親でありながら家庭を顧みない別ハワードを憎んでいる。

アレクサンダー・ポープ(スティーヴン・レイ)

別ハワードが20年間仕事を共にし、最も信頼している人物。密かに局の過激派と関わり、スパイを送り込むための違法な渡航を手助けしている。別エミリーとイアン、ハワードらが〈インディゴ〉の住所を手に入れたことを知り、〈インディゴ〉に連絡を入れた。

ミラ(クリスティアーネ・パウル)

スパイ養成学校〈インディゴ〉の教師。クレアを育て、〈シャドウ〉として表の世界に送り込んだ。別エミリーたちが〈インディゴ〉に乗り込んできた際、証拠隠滅を図って逃亡した。

劇中用語

 表の世界(アルファ)

現在の私たちが生活している世界のこと。スマートフォンといったハイテク機器が身近にある、現代的なライフスタイルが特徴的。建造物は裏の世界のそれよりモダンで、喫煙が許されている。

 裏の世界(プライム)

90年代初めにインフルエンザが大流行し、4年間で人口の7%が減少。都市部の人口も激減した。それ以降、表の世界と大きな違いが生じるようになる。
現在は食用の豚の飼育やタバコの販売が禁止されている。政府は公衆衛生に対する厳しい監視を行っており、医療技術は表の世界よりもはるかに進んでいる。

 交差点

表の世界と裏の世界を繋ぐ通路。1987年頃に発見されたと言われている。ハワードが勤務するビルがその場所にあたる。税関のように、身元確認とパスポートチェックが必要。地下に「中間地帯」と呼ばれる中立の領域がある。

 インディゴ

裏の世界の局の過激派たちが、表の世界への「秘密工作」を目的として作ったスパイ養成学校。子供の頃からスパイとしての訓練を受け、表の世界へ送り込まれる。

 シャドウ

〈インディゴ〉で養成され、表の世界へ送り込まれるスパイの名称。表の世界の自分と入れ替わるため、子供の頃から表の世界の自分に関する情報を叩き込まれ、同じ身体状況を維持することを求められる。

 

ほかの記事を読む?