ハンドメイズ・テイル【シーズン3】第8話|リディアおばの過去が明かされる!

ハンドメイズ・テイル/侍女の物語【シーズン3】

「ハンドメイズ・テイル」記事一覧

Huluで配信中の海外ドラマ「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」シーズン3第8話のあらすじと感想です。

ジューンが最低なんですけど、なんでこうなった?
唐突な展開についていけません…(みなさんついていけてます?)。

今回の見どころはなんと言ってもリディアおばの過去!
あのリディアおばが、あんなことやこんなことをなさってました。

ハンドメイズ・テイル関連記事

第8話「告白」のあらすじ

ジューンと侍女たちはオブマシューを除け者にし、嫌がらせを行う。リディアはやめさせるよう注意するが、ジューンは知らないふりをする。

侍女たちが罪を告白する儀式が行われる。女中のフランセスを誘惑し死を招いたことで非難されたジューンは、オブマシューが出産に迷いを抱いていることを暴露する。オブマシューはジューンに代わって非難の的となる。

リディアは革命前、思いやりのあるクリスチャン教師だった頃の自分を思い出す。ライアンという生徒の母親と友人になるが、彼女はシングルマザーで恋多き女性だった。

リディアは彼女の勧めで校長とデートをするも、セックスを拒絶されて傷つく。リディアは児童相談所に通報してライアンを母親から引き離し、母親に激しく罵られる。

夜、侍女たちはオブアンディーの出産に立ち会うが、死産だった。ジューンは妻エレノアの心配ばかりしているローレンス司令官に、「あなたが作った世界のせいでエレノアは追い詰められている」と告げて責める。

苦悩する人々を見て楽しむジューン。リディアはローレンス家がジューンに悪い影響を与えていると考え、ほかの家へ移ることを勧める。

ジューンによって追い詰められたオブマシューは、買い物中に突然暴れだし、そばにいたジャニーンに暴行を加える。制止しようとした守護者を襲って銃を奪ったオブマシューは、リディアに狙いを定めるが、ほかの守護者に射殺される。

登場人物はこちら

ハンドメイズ・テイル/侍女の物語【シーズン3】ハンドメイズ・テイル【シーズン3】登場人物(キャスト)・用語解説・全話あらすじと感想

第8話の感想

ジューン、いじめのリーダーとなる

オブマシューは完全にいじめのターゲットになってしまいました。

ジューンは侍女たちを従えてふんぞり返り、オブマシューがいじめられているのを見てほくそ笑んでいる。どこから見てもいじめのリーダーそのもの。

こんなジューンは見たくなかったわ~/(≧□≦;)\

ニコールのことやハンナのこと、いろいろありすぎて壊れちゃったのかしら。
ギレアドに長くいたら、普通ではいられなくなるのも当然かもしれないけど。

それにしても、いくら主人公だからって特別扱いされすぎじゃありません?
女中のフランセスが処刑されて、ジューンがこの程度で済むの、違和感ありすぎ。

もうちょっとストーリー運びを工夫してほしいなぁ…。

追い詰められたオブマシュー

オブマシューのことは嫌いだったけど、「ひとりの人間を大勢でよってたかっていじめる図」は好きじゃない。

なので、わたしもジャニーンと同じ立場を取ると思う。
そのお返しが暴行(缶詰で殴られる)っていうのもあんまりな話ですけどね。

ジューンと侍女たちによって追い詰められたオブマシューは、精神が崩壊する寸前でした。それを知っていて〝引き金〟を引いたジューン。あんた悪魔だよ。

オブマシューは恐怖のあまり暴れ出し、リディアおばに銃を向けたため射殺されました。

自分に従わない人を排除したり、恐怖を与えて追い詰めたり、洗脳して誘導したり。ジューンがやっていることは、ギレアドと同じ。

早く以前のジューンに戻って。

リディアおばの過去

ジューンが悪魔と化す中、リディアおばの過去が初めて明かされました。

革命前、彼女は小学校の教師をしていました。
校長からの信頼も厚く、子供思いのよき先生だった様子。

ライアンという生徒の母親がちょっと問題ありで、子供を迎えに来るのが遅かったり、ジャンクフードばかり食べさせていたり、妻子ある男性と不倫をしたりしています。

よろしくないわ……と(たぶん)思いながらも母親の相談に乗り、アドバイスするリディア。

親身になってくれるリディアに、母親も心から感謝している様子でした。
母親はリディアに恋をするべきだと勧め、化粧品をプレゼントします。

リディアはおめかしして校長とデートし、楽しい時間を過ごしますが、一線を越えようとして拒絶されます。

彼は「まだ早い」と思ったようで、時間をかけて関係を築いていこうとしたのだと思いますが、リディアは自分を否定されたように感じて傷ついたんでしょうね。

その後にバスルームの鏡を割るシーンがあったので、もともと容姿にコンプレックスがあったのかもしれない。フラれたのは自分の容姿のせいだと思ったのかも……わかりませんが。

おろしていた長い髪を固く結い上げ、地味な色の服を着て、児童相談所にライアンの母親の不適切な行動について報告するリディア。

八つ当たり? ライアンの母親が美人だから?
彼女のように自由に恋愛を楽しめないから?

ライアンの母親は「なぜ?」と泣きながらリディアを罵り、連れ去られました。
それを見ていた校長も、リディアに冷たい目を向けて去っていきました。

ジューンが反抗的な態度を取るのは、悪い環境のせいだと語るリディアおば。
問題の多いローレンス家からジューンを引き離そうと考えます。

彼女の思考はごりごりに固まっていて、簡単にはほどけなさそう。

ハンドメイズ・テイル関連記事

ほかの記事を読む?