「ダイイング・アイ」第1話|主人公の記憶が曖昧で何もかも疑わしい

WOWOW連続ドラマW「ダイイング・アイ」

「ダイイング・アイ」

「ダイイング・アイ」の記事一覧を見る

どうも、夏蜜柑です。
WOWOW連続ドラマ「ダイイング・アイ」が始まりました。

前から楽しみにしていたのでワクワクが止まりません。

夏蜜柑
ちょっと怖いけど。

登場人物、全員怪しく見えますね。
主人公がいきなり記憶の一部を失ってしまうので、主人公すらも信用できない。

全6話、三浦春馬さんをWOWOWでじっくり見られるのは楽しみです。
バーテンダーをやっているときの手が美しくて(動きも含めて)惚れ惚れします。

第1話のあらすじ

  • 雨村慎介(三浦春馬)は、西麻布のバー〈茗荷〉で働くバーテンダー。ある夜、慎介は最後にやってきた客(柿澤勇人)に襲われ、頭部に重傷を負う。意識が戻ったとき、慎介は1年半前に起こした交通事故の記憶を失っていた。
  • 刑事の小塚(木村祐一)は、慎介を襲ったのは1年半前に慎介が事故で死なせた岸中美菜絵(高橋メアリージュン)の夫・岸中玲二だと告げる。玲二は慎介を襲った後、自宅で服毒自殺を図ったという。
  • 慎介は事故当日に江島(生瀬勝久)の車で由佳を家まで送ったことを思い出す。事故を起こしたのはその帰りだった。だがそれ以上のことは思い出せず、恋人の成美(松本まりか)や江島から「忘れた方がいい」と言われる。
  • 店に復帰した夜、どこか人間離れした美しさと強い視線を持つ喪服の女・瑠璃子(高橋メアリージュン)が店に現われる。瑠璃子は店の外で慎介を待ち伏せ、キスをして立ち去る。
登場人物の詳細はこちら
連続ドラマW「ダイイング・アイ」WOWOW「ダイイング・アイ」登場人物(キャスト)・全話あらすじ感想・原作

第1話の感想

衝撃的なシーンが多いようなので、少し覚悟が必要かも。
冒頭から高橋メアリージュンさんに血まみれで睨まれて、めっちゃ怖かったです。

夏蜜柑
睨んでいた相手は、慎介だったんでしょうかねぇ。

まだ何が起こっているのかよくわかりませんが、主人公の周りの人間が全員怪しいです。

慎介は本当に事故を起こしたのか

慎介は、1年半前の雨の夜、交通事故を起こして岸中美菜絵という女性を死なせています。
彼女は夫・玲二の子供を妊娠していました。

慎介は禁固2年、執行猶予3年の判決を受け、執行猶予中の身でした。

玲二が慎介の店に現れたとき、慎介は「嫌なことは早く忘れるようにしています」と普通に語っています。このとき、慎介が事故を思い出すようなそぶりは特に見られませんでした。

つまり、記憶を失う前の慎介が事故についてどう思っていたのか、全くわからない。

その夜、慎介は玲二に消化器で殴られ、頭に重傷を負いました。
玲二はその後、服毒自殺を図って死亡。

しかし、玲二の死にも、慎介が1年半前に起こした事故にも、何か秘密が隠されていそうです。

慎介は事故当日、江島の車で「由佳」を家まで送り、その帰りに事故を起こした……ということだけを思い出しました。

由佳ってひと、江島さんの彼女っぽかったですよね。
慎介は事故の夜、由佳と関係を持ってしまったんでしょうか。

江島と成美

めちゃくちゃ怪しかったですねー、この2人。

江島がやたらと成美に電話をかけていたのが気になります。
2人揃って「事故のことは早く忘れた方がいい」と言っていたのも。

成美は部屋の中で何かを探している様子でしたが、それは江島と関係があるんでしょうか。

慎介の記憶が頼りないので、何もかもが疑わしいんですよね。
成美も本当は慎介の恋人じゃないんじゃないか……とか。

成美役・松本まりかさんをWOWOWで見られるのも嬉しいです。

夏蜜柑
次回失踪しちゃうみたいだけど。

マネキンのような女

店に現れた謎の女は、事故で死んだ美菜絵にそっくりでした。
目が金色に光ったり、肌の質感がのっぺりしていたりと、まるでロボットのよう。

美菜絵の夫・玲二はマネキン作家だったらしく、ときどき彼の作ったマネキンが映るのですが、これが不気味で怖い。謎の女は玲二が作ったマネキンそっくりなのです。

美菜絵は死んでいるから別人でしょうけど、女が何者なのか、なぜ慎介に近づくのかは謎。

次回以降、どんなふうに謎が明らかになっていくのか楽しみです。