NHKドラマ「荒神」登場人物(キャスト)・あらすじ・原作

NHKドラマ「荒神」

NHK・BSプレミアムのドラマ「荒神」についてまとめました。

江戸時代の東北を舞台に、怪物と人間たちの死闘を最新のCGやVFX(特殊視覚効果)を駆使して描く、スケールの大きなエンターテインメント時代劇。

原作は、直木賞作家・宮部みゆきさんの小説「荒神(こうじん)」です。

この作品は、U-NEXT<ユーネクスト>で視聴できます。31日間無料体験あり。最新の配信状況と料金はU-NEXT<ユーネクスト>公式サイトにてご確認ください。

番組概要

  • 放送局:NHK・BSプレミアム
  • 放送時間:2018年2月17日(土)夜9時~10時50分【単発】
  • 原作:宮部みゆき「荒神」
  • 脚本:山岡潤平(「家政夫のミタゾノ」「受験のシンデレラ」「不能犯」)
  • 音楽:羽岡佳
  • 演出:松浦善之助

あらすじ

朱音(内田有紀)の住む村に、怪物に襲われて傷だらけになった少年が逃げてくる。迫りくる怪物の恐怖。朱音は、浪人・榊田宗栄(平岡祐太)、絵師・菊地圓秀(柳沢慎吾)とともに、村を守るため、知恵と勇気をふりしぼって怪物との戦いに挑んでいく。一方、朱音の兄で藩の重臣・曽谷弾正(平岳大)は、怪物を自ら操ろうと企む。怪物との戦いの蔭で繰り広げられる愛憎劇。やがて明らかになる怪物誕生の意外な真相。そこに浮かび上がるのは、罪深い人間の業だった。朱音たちと怪物との戦いの行方は?(NHK公式サイトより)

原作について

このドラマの原作は、宮部みゆきさんの時代小説「荒神」(2017年6月発行)です。2013年から2014年にかけて、朝日新聞に連載されました。

江戸時代の東北地方で怪獣が大暴れするという内容で、2016年に公開された映画「シン・ゴジラ」との共通点も多く、話題になりました。モンスターパニック要素の強い、スケールの大きな群像劇です。

もうひとつの荒神

この小説の新聞連載時、挿絵を担当されていたのが「この世界の片隅に」で知られる漫画家・こうの史代さんです。ストーリーブック「荒神絵巻」には、連載当時の挿絵403点すべてがオールカラーで完全収録されています。

こうのさんが独自に書き下ろした文章も添えて、“もう一つの「荒神」の世界”がたっぷり楽しめる1冊です。

登場人物(キャスト)

永津野藩の人々

朱音(内田有紀)
心優しく芯の強い女性。筆頭家老・曽谷弾正の妹。以前は上州にいたが、8年前から永津野藩・名賀村で暮らしている。

曽谷弾正(平岳大)
永津野藩の筆頭家老で、朱音の兄。黒面をつけた武装集団を率いて「人狩り」を行う冷酷な人物。香山に対して深い恨みを抱いている。

榊田宗栄(平岡祐太)
江戸から来た旅の浪人。山中で倒れていた蓑吉を偶然見つけ、名賀村に助けを求めてやってくる。

菊地圓秀(柳沢慎吾)
名賀村に逗留する絵師。絵に対する執念は並々ならぬもので、怪物に対しても「描きたい」という思いを抑えきれない。

音羽(前田亜季)
弾正の妻。永津野藩主・竜崎高持の娘。

竜崎高持(加藤雅也)
永津野藩主。音羽の父。弾正の働きを認め、信頼を寄せている。

畑中佐平次(前川泰之)
竜崎家に仕える家臣で、弾正の手下。

じい(中原丈雄)
朱音に仕える老人。秘密を抱えている。

茂左衛門(中本賢)
名賀村の庄屋。怪物の存在を知らせるため、朱音たちと共に砦へ行く。

多江(角替和枝)
茂左衛門の妻。

香山藩の人々

源一(大地康雄)
怪物に襲われた仁谷村の村民で、蓑吉の祖父。怪物が生み出された経緯を朱音たちに語る。

蓑吉(高村佳偉人)
源一の孫。怪物に襲われるが逃げ延び、山中で倒れていたところを宗栄に助けられる。

佐田義昌(田中要次)
香山藩藩士。怪物を封印する絵馬が盗まれたことを知り、犯人を探す。

柏原信新右衛門(柴俊夫)
香山藩家老。佐田義昌に怪物の封印を解いた者を始末するよう命じる。

明念和尚(品川徹)
朱音と弾正が育った香山藩・妙高寺の和尚。朱音に怪物を倒す方法を教える。

あらすじと感想はこちら

NHKドラマ「荒神」ネタバレ有*NHKドラマ「荒神」あらすじ感想|怪物の正体は何だったのか

NHK海外ドラマの記事