「オルデンハイム~12の悲劇~」感想|主人公のトラウマと犯人が語った真相

海外ドラマ「オルデンハイム~12の悲劇~」

「オルデンハイム~12の悲劇~」

どうも、夏蜜柑です。
海外ドラマ「オルデンハイム~12の悲劇~」(全12話)の感想です。

雰囲気抜群のミステリードラマでした。
もう少し深く感情を揺さぶるシーンがあったらよかったのですが。

オルデンハイムという町全体が犯罪に巻き込まれるので、登場人物は多め。
ただ特徴がハッキリしている人が多いので、すぐ覚えられました。

オルデンハイムの街並みの美しさに見とれることも多かったです。
こんなオシャレなデザインの家が普通に建ってるのー?っていう驚き。

広々として平坦な風景もオランダならではという印象でした。

夏蜜柑
主人公の言動にはツッコミどころが多かった。

以下、ネタバレを含みます。

最終話のあらすじ

  • オルデンハイムの町から人々が去り、ダマーニも捜査から外される。ペギーは温室で犯人の痕跡を見つけるが、誤ってダマーニを撃ってしまう。直後、ペギーは何者かに襲われ、拘束される。
  • 犯人はフィクトールだった。フィクトールの母・ネールチェは、数年前フェーラと組んで町の人々に儲け話を持ちかけた。しかしフリッツの通報によってネールチェとフェーラは詐欺罪で逮捕され、ネールチェは懲役9か月、フェーラは懲役5か月の実刑判決を受けた。
  • 町の人々は2人を許さず、刑期を終えて町に戻ってきた2人に冷たくあたり、除け者にした。フィクトールはネールチェを引き取ったが、妻はそれに反対し家を出て行った。妻よりも母が大事だった、と語るフィクトール。
  • だがフィクトールは母の忠告を聞かず、仕事のために町の人々との付き合いを続けた。失望したネールチェは何度も自殺をほのめかしたが、フィクトールは相手にしなかった。そして去年の8月19日、ネールチェはフィクトールの前で首を吊って自殺を試み、フィクトールは見殺しにした。
  • 以来、フィクトールは母の亡霊を見るようになった。フィクトールは町の人々に復讐することを決意。まずはネールチェを通報したフリッツを苦しめるため、ネールチェの命日である8月19日にフリッツの娘・ニーネを拉致した。
  • 失踪したまま二度と見つからないよう処理するつもりだったが、薬の量が少なすぎてニーネは死んでいなかった。殺そうとしたが殺せず、睡眠薬を飲ませてキャンピングカーに監禁した。ニーネを解放したのは、息子のリックのためだった。
  • ダニエレを拉致したのは、夫のアーレントに疑いを向けさせ捜査を攪乱するため。今度は薬の量を増やして打ち、即死させた。スースも、フェリックスも、アーレントも、マーフィンも、エルナスも、ヘルベンも、ルートも、フェーラも、エマも、殺されて温室に埋められていた。
  • ロブは温室で肩を撃たれて倒れているダマーニを見つけ出し、埋められていた遺体の数々も発見される。リックの自殺によって自責の念に駆られたフィクトールはペギーを逃そうとするが、母の亡霊に責め立てられる。自分を襲おうとするフィクトールに向かって、ペギーはためらわず銃弾を撃ち込む。
  • 3週間後。リックは退院し、町を離れていたニーネと再会する。ペギーとダマーニは、平穏を取り戻したオルデンハイムの町を眺める。

感想

ニーネ以外、全員殺されていました。
海外ドラマは容赦ないですね。

ニーネとフリッツはリックを受け入れたけれど、自分の家族を含む10人もの人間を殺した男の息子を、そう簡単に受け入れられるものでしょうか……。その点にちょっと引っかかりを感じてしまいました。

途中、「流星群と関係がある」とか「ミステリーサークル」とか出てきたのでオカルト方向へ走るのかと思ったら、まったく関係ありませんでしたね(若干がっかり)

主人公のペギーは美人ですが、言動が軽率なのでハラハラさせられました。
ダマーニ刑事が怒るのも無理はないと思う。

ペギーがもう少し賢くて、ダマーニと早い段階で「いいコンビ」になっていたら面白かったのに、と思います。

犯人はフィクトール

失踪事件の犯人は、セラピストのフィクトールでした。

最大の驚きは、フィクトールの母・ネールチェが1年以上前に亡くなっていたこと。
画面に映っていたネールチェは、フィクトールにしか見えない亡霊だったのです。

しかもネールチェの死は自殺で、フィクトールはその場にいながら見殺しにしていました。

フィクトールはかなりのマザコンだと思うのですが、同時に母親の束縛から逃れたいという気持ちもあったのかもしれません。

以来、母親の亡霊につきまとわれるようになったフィクトール。
この亡霊は、母の死(自らの罪)を受け入れられないフィクトールの弱い心が生んだ幻なのでしょう。

犯人はなぜ主人公に真相を語るのか?

フィクトールがペギーを殺さなかったのは、彼女が〝復讐対象〟ではなかったからでしょうか?

ネールチェが逮捕されたときも、刑期を終えて町に戻ってきたときも、ペギーは町にいませんでした。つまり「ネールチェを自殺に追い込んだ人々」からは外れるのです。

とはいえ、主人公の前で犯人が自らの犯行のあらましをぺらぺら喋るという展開には、少し白けてしまいました。しかも失踪した人間が12人もいるので、話が長い。

逮捕されてから自白するのが自然だと思いますが、あえてそうしなかったんでしょうね。

なぜなら、主人公・ペギーが過去のトラウマを克服するシーンが、最後の見せ場だったから。そのシーンを見せるために用意されたシチュエーションだったのでしょう。

それを容易に想像できてしまうところも、白けてしまった理由のひとつ。

主人公のトラウマ

フィクトールに向かって、ためらうことなく銃弾を撃ち込んだペギー。

第11話では、犯人と間違ってダマーニ刑事を撃ってしまった彼女。
これではトラウマを克服できません。

ペギーはイラクでの悲惨な経験によるPTSDに苦しんでいました。

ジャーナリストとしてイラクのある町にやってきた彼女は、そこで自爆テロに遭遇します。爆弾を持った男に銃を向けながら、引き金を引くことができなかったペギー。

そのせいで、現地の幼い子供や罪のない人々が爆発に巻き込まれ、命を落としました。

ペギーがオルデンハイムに帰ってきたのは、その経験で心に傷を負ったから。
疎遠になっている家族に会いたかったのです。

フィクトールを撃ったペギーは、父ルートと妹スースの復讐を果たすことで、過去のトラウマを克服したとも言えます。

そもそも、ペギーはどうして誰にも言わずにオルデンハイムを出ていったのでしょう。
わたしはそこにも何かしらの秘密があると勘ぐっていたのですが、どうやら特別な理由はないようです。

あえて語るとしたら、「オルデンハイムは小さすぎた」。
ペギーの母親が夢を叶えるために町を出ていったのと、同じ理由だったのかもしれません。

続編はなさそうな終わり方でしたが、本国オランダでは第2シーズンが作られているようです。引き続きオルデンハイムが舞台だとしたら、いったいどういう話になるんでしょうねぇ。

夏蜜柑
また町の人が次々と失踪するのかしら?

 

ほかの記事を読む?

「The Sinner-記憶を埋める女-」 The Sinner-記憶を埋める女-|登場人物(キャスト)・あらすじ・原作 WOWOW「東京二十三区女」 WOWOW「東京二十三区女」第1話|美しい映像に怖さを忘れる