「坂の途中の家」第1話|原作よりも衝撃的な始まり方

連続ドラマW「坂の途中の家」

「坂の途中の家」の記事一覧を見る

どうも、夏蜜柑です。
WOWOW連続ドラマ「坂の途中の家」が始まりました。

これは……かなり期待していいのでは。

原作の緻密な心理描写を映像で表現するのは難しいかも……と心配していましたが、見終わった後に唸ってしまいました。うまいなぁ!

柴咲コウさんのほわんとした雰囲気もこの脚本に合っているし、重要な役どころとなる里沙子の娘・文香役の松本笑花ちゃんの演技には脱帽しました。とても演技とは思えない。

あまりにも自然なので、本当に泣かせているのでは……と心配になってしまいました。

夏蜜柑
次回以降、さらにすごい展開になりそう。

第1話のあらすじ

  • 平穏な日々を送っていた専業主婦の里沙子(柴咲コウ)のもとに、裁判所から刑事事件の裁判員候補者に選ばれたという通知が届く。自分が選ばれるはずがないと思っていたが、補充裁判員に選ばれ困惑する里沙子。
  • 対象となる事件は、専業主婦・安藤水穂(水野美紀)が生後8カ月の娘を浴槽に落として虐待死させたという衝撃的な事件だった。裁判に立ち合い、暗澹たる気持ちになる里沙子。
  • 裁判の間、里沙子は3歳の娘・文香を夫・陽一郎(田辺誠一)の実家に預けることに。イヤイヤ期真っ最中の文香は言うことをきかず、里沙子を困らせる。里沙子は「無理しなくていいから」と理解を示す陽一郎に救われる。
  • 水穂の夫・寿士(眞島秀和)の供述を聞いた裁判員たちは、良き夫である寿士に同情的になる。だが里沙子は寿士が大学時代の彼女に相談していたという話を聞いて、水穂を追い詰めたのは寿士の言動ではないかと考え始める。
  • 帰宅途中、里沙子はだだをこねて動かない文香に手を焼き、その場に置き去りにするふりをして様子を見る。そこへ偶然寿士が現れ、里沙子の行為を児童虐待だと激しく非難する。寿士は里沙子の話を聞こうとせず、実家の母親に「里沙子を助けてやってほしい」と電話する。

第1話の感想

自分は水穂とは違う、恵まれていると信じて疑わなかった里沙子。
ところが些細な出来事をきっかけに、そうではないことを知らされます。

里沙子が文香を置き去りにして陽一郎から虐待を疑われる場面は、原作では中盤に登場します。里沙子が陽一郎に対して疑心を抱くきっかけとなる、非常に重要な出来事です。

原作ではここに至るまでに小さな違和感が積み重ねられ、じわじわと得体の知れない気持ち悪さを植え付けられるのですが、ドラマではその過程をすっ飛ばし、第1話にこのエピソードを持ってきた点に驚きました。

といっても単純に過程を省いたのではなく、見せ方を変えたんですね。

ドラマの里沙子が序盤に見せた笑顔は、原作の里沙子より何倍も幸せそうに見えました。文香や陽一郎との穏やかなやりとりを見ても、何もかも順調なように見えました。

一方、水野美紀さん演じる安藤水穂は、憔悴し、髪はボサボサで、表情はうつろ。
いかにも犯罪を犯しそうな、問題のある母親に見えました。

水穂と里沙子の違いを視覚的にはっきりと見せたことで、終盤の衝撃的な展開が際立ったのです。

天と地ほどに違うと思えた水穂と里沙子が、どういうわけか、重なってしまったのですから。

なぜ、2人が重なるのか。
その理由が、これから徐々に明らかになっていきます。

里沙子が陥る状況は、原作以上に厳しいものになりそうです。
どういう展開を見せてくれるのか、怖いような楽しみなような。

また、裁判員たちのプライベートも、原作では描かれていない部分。
こちらもどうなるのか想像がつきません。

水穂の裁判も、これからさらに驚きの新事実が浮かび上がってきます。
最後までしっかり見届けたいと思います。

「坂の途中の家」の記事一覧を見る

ほかの記事を読む?

連続ドラマW「坂の途中の家」 「坂の途中の家」第2話|被害妄想か、モラハラか。孤立する母親たち 連続ドラマW「絶叫」 WOWOW「絶叫」最終話|原作とは違うラストと〝絶叫〟