「真犯人」第2話|辰川さんの第3の筋読み

WOWOW「真犯人」あらすじ感想

「真犯人」

どうも、夏蜜柑です。
WOWOWの連続ドラマ「真犯人」第2話。

夏蜜柑

謎めいてきた。

ふぐ丸

本部長が腹立つ。

以下、ネタバレを含みます。

第2話のあらすじ

  • 平成20年。日下(小泉孝太郎)は重藤(上川隆也)に捜査への協力を依頼するが、重藤は堅く口をつぐみ、「過去の事件を掘り起こす前に、目の前の事件の筋読みをするのが先ではないか」と言う。
  • 日下は、2つの事件を結び付ける証拠を見つけようと奔走。須藤(尾美としのり)が大切にしていた守の遺品である赤いバケツがなくなっており、バケツの破片が殺害現場に落ちていたことを思い出す。
  • 須藤が身代金の受け渡し場所であるバス停へ行ったのには、やむにやまれぬ理由があったのではないか…と推測する日下。重藤は、辰川(でんでん)を彷彿とさせる日下に心を開き、誘拐事件の捜査について語り始める。
  • 昭和63年。重藤は、勝田組には新しい容疑者の洗い出しを、小此木組には守の実父・須藤勲の調査を、辰川組には被害者遺族周辺の捜査を命じる。
  • 新しい情報が得られない中、辰川は守の遺体発見現場が人目の多い場所だったことに不審を抱き、第3の筋読みを展開。犯人は遺体を発見させるために、わざとその場所を選んだのではないかと言う。
  • さらに、守の母・小枝子(長野里美)が状態の悪い守の遺体を確認したことにも、何か理由があったのではないかと辰川は推測。誘拐事件とは全く別の事件の可能性もある、と指摘する。
  • 小枝子に会うため、日下は小枝子が入院する病院を訪ね、面会を求める。だが娘の理恵(内田有紀)は、頑なに拒絶する。

第2話の感想

今回もあっという間の1時間でした。
また1週間待たされるのか……長いなぁ。

「もう終わったことだ」と、誘拐事件のことを忘れようとしていた重藤さん。
たぶん、特別捜査班が苦い結末を迎えたんだろうね……本部長のせいで。

夏蜜柑

「私は現場に口出しはしない」とか言っといて、してるやん!

でも、やっぱりずっと気になっていたんだと思う。

辰川さんの手帳。
きっともう辰川さんは亡くなっていて、形見として譲り受けたんじゃないかなぁ。

辰川さんにそっくりな日下さんに心を動かされ、再び事件に挑む気持ちになったのかもしれない。

今回わかったこと。

  • 須藤勲の殺害現場に落ちていたのは、守の遺品の赤いバケツの欠片だった
    ⇒須藤が現場に持参した?
  • 斜め向かいのおばさんは、守と小枝子を2階の窓越しに見ただけだった
    ⇒1階の勝手口ではなかった。2人の会話を聞いていないかも?
  • 守の遺体は、人目のつく場所に遺棄されていた
    ⇒犯人は発見させるためにわざとその場所を選んだ?

さらに、辰川さんの推理では、小枝子が腐乱した守の遺体を確認したのにも、そうせねばならない理由があったのではないかと……。

「誘拐事件とは違う、別の事件の可能性もある」と言い出す辰川さん。

夏蜜柑

名探偵なみの推理力。

あのお父さんとお母さん、何か隠してるってことですかねぇ。
あと、新聞記者の動きも気になります。なんか余計なことしそうでヤな感じ。

次回が待ち遠しいです。

created by Rinker
¥767 (2018/10/22 23:47:15時点 Amazon調べ-詳細)

キャスト

重藤成一郎……上川隆也
日下悟……小泉孝太郎
尾畑理恵……内田有紀
榛康秀……高嶋政伸
小此木晴彦……甲本雅裕
勝田久作……田中要次
辰川忠雄……でんでん
白石聡……清水伸
庄司修……浜田学
間島健二……森岡龍
寺嶋正志……モロ師岡
佐藤文也……近藤芳正
尾畑小枝子……長野里美
須藤勲……尾美としのり
尾畑清三……北見敏之


ほかの記事を読む?

WOWOW「真犯人」あらすじ感想 「真犯人」第1話|過去と現代をつなぐ男 Paraviオリジナルドラマ「tourist ツーリスト」 3局横断ドラマ「tourist ツーリスト」各話あらすじ・キャスト