【10月放送】WOWOW「シャイロックの子供たち」登場人物(キャスト)・あらすじ

WOWOW「シャイロックの子供たち」あらすじキャスト

WOWOWの連続ドラマ「シャイロックの子供たち」(全5話)についてまとめました。

大ベストセラー作家、池井戸潤の傑作小説を初映像化!メガバンクの支店で起こった現金紛失事件をめぐり、さまざまな銀行員の群像が描かれる。

WOWOW公式サイトより

とある銀行の小さな支店で発生した現金紛失事件に端を発する、行員失踪とその裏にある不正を描くミステリー群像劇。原作は『下町ロケット』『アキラとあきら』などの池井戸潤氏の同名小説。

現金紛失事件の真犯人を追うさなか、失踪してしまう銀行員・西木を井ノ原快彦さんが演じます。

※この記事は随時更新中です。各話視聴後、加筆修正します

作品概要

  • 放送局:WOWOW
  • 放送時間:2022年10月9日(日)から毎週日曜22:00~ほか
  • 原作:池井戸潤『シャイロックの子供たち』
  • 脚本:前川洋一
  • 監督:鈴木浩介
  • 音楽:木村秀彬

あらすじ

東京第一銀行 長原支店は、中小零細企業が主な取引先の小さな店舗。出世街道を外れた課長代理・西木雅博(井ノ原快彦)をはじめ、家族を支える真面目な女性行員、エリートで策略家の支店長、業績のためにはパワハラも辞さない副支店長、常に成績トップの業務課のエースなど、個性豊かで一癖ある行員たちが皆それぞれの事情や葛藤を抱えながら働いていた。
ある日、長原支店で100万円の現金紛失事件が発生する。女性行員が犯人として疑われるが、紛失事件を追っていたはずの西木が突然、失踪してしまう。現金紛失事件と西木の失踪。2つの謎と長原支店の行員たちの物語が交錯していく。やがて現金紛失事件の裏に隠された 「不正」 が明らかに。西木が姿を消した驚きの真相とは。

WOWOW公式サイトより

原作について

このドラマの原作は、池井戸潤氏の小説『シャイロックの子供たち』(2006年刊行)です。

タイトルの“シャイロック”とは、シェークスピアの戯曲『ヴェニスの商人』に登場する強欲な金貸しシャイロックのこと。

2023年には阿部サダヲさん主演で映画化も予定されています。

登場人物(キャスト)

西木雅博(井ノ原快彦)
東京第一銀行・長原支店営業課・課長代理。出世コースを外れるも、部下からの信頼は厚い。支店内で起こった現金紛失事件の真犯人を追う中、突然失踪してしまう。

北川愛理(西野七瀬)
長原支店営業課で、西木の直属の部下。家族を支えるため、給与の半分を家計に入れている真面目な行員。ある思惑によって現金紛失事件の濡れ衣を着せられる。

坂井寛(玉山鉄二)
東京第一銀行・人事部調査役。親友の死に自責の念を抱いており、慎重に面談や内部調査を行っている。長原支店内で起きた現金紛失事件、西木の失踪の真相を追う。

滝野真(加藤シゲアキ)
長原支店業務課・課長代理。常に営業成績トップで、支店のエース。愛する妻と一人息子との仲も良好で、公私ともに順調。

古川一夫(萩原聖人)
長原支店・副支店長。高卒入行で、副支店長まで出世した叩き上げの銀行員。短気で、業績のためならパワハラも辞さない。

竹本直樹(三浦貴大)
長原支店融資課・課長代理。実務能力に優れ、業績を上げていたが、部下の不祥事の責任を取らされ、西木同様に出世コースを外れた。

九条馨(前川泰之)
長原支店・支店長。検査部出身のエリート。普段は冷静で紳士然としているが、本性は情熱家且つ策略家な一面を持つ。

伊島宗広(橋本じゅん)
滝野が担当している融資先の「伊島工業」の社長。年商80億円の優良企業。

黒田道春(水橋研二)
東京第一銀行・検査部次長。坂井からの相談を受け、問題続きの長原支店に検査をしに訪れる。

半田麻紀(早見あかり)
長原支店融資課。美人で女性行員の憧れの的だが、なぜか愛理にきつく当たる先輩行員。

三木哲夫(矢野聖人)
長原支店業務課。愛理と付き合っている。

小山徹(森永悠希)
長原支店融資課。愛理の同期。古川との意見の食い違いをきっかけに、トラブルを起こしてしまう。

大城田正隆(水田信二)
竹本が融資を担当する「大城田工業」の嫌味な社長。

富永孝弘(宮川一朗太)
東京第一銀行・人事部長。坂井の上司。

西木妙子(映美くらら)
西木の妻。元銀行員で西木の気持ちに寄り添う。

河野彰彦(窪塚俊介)
坂井の同期で親友だったが、3年前に自ら命を絶ってしまう。

ほかの記事を読む?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。