刑事ジョン・ルーサー【シーズン5】ついにアリスとの関係に決着が!2人の愛の行方は?

海外ドラマ「刑事ジョン・ルーサー」シーズン5

「刑事ジョン・ルーサー」

「刑事ジョン・ルーサー」の記事一覧を見る

どうも、夏蜜柑です。
海外ドラマ「刑事ジョン・ルーサー」シーズン5(全4話)の紹介です。

2019年1月に放送されたシリーズ最新作の第5弾。

ちょっとこれは……見終わったあと放心状態になるほど凄かったです。

とにかく最初から最後まで目が離せない。
スリルありすぎて全身に力が入るもんだから、クタクタですよ。

死んだと思っていた「あの人」が再登場し、ついに決着のときが!!

前回(シーズン4)のモヤモヤは解消され、内容的にも過去最高の出来でした。
そして最後は、なぜか感動で胸がいっぱいに……。

物語はシーズン4から続いているので、必ずシーズン4を見てくださいね。

番組概要

  • 配信:HuluAmazonプライム・ビデオ
  • 製作国:イギリス(2019年)
  • 原題:Luther
  • 脚本:ニール・クロス
  • 監督:サム・ミラー
  • 製作総指揮:フィリッパ・ジャイルズ

あらすじ

ロンドンで体中に釘を刺された死体と、目と舌を切り抜かれた死体が発見される。監視カメラに映った犯人らしき男は、フードにLEDライトを埋め込み、顔を隠していた。ルーサーは、新しい相棒ハリデー巡査部長とともに捜査を開始。すると、ある精神科医が情報を提供し、容疑者が浮上する。(AXNミステリー公式サイトより)

登場人物(キャスト)

ジョン・ルーサー(イドリス・エルバ)
ロンドン警察の主任警部。深い洞察力と型破りな行動で犯罪に立ち向かう。愛車はボルボ。連続殺人犯を追う一方で、裏社会の実力者ジョージ・コーネリアスにも目をつけられる。

アリス・モーガン(ルース・ウィルソン)
天体物理学者。13歳で名門大学に入学し、18歳で博士号を取得した天才。殺人犯でありながら、ルーサーと奇妙な友情で結ばれている。ルーサーとサンパウロに逃げるための資金を作ろうと、コーネリアスにダイヤを持ち込み襲われる。その後アントワープの川で水死体となって発見されたが、実は生きていたことが判明。

マーティン・シェンク(ダーモット・クローリー)
ルーサーの上司。連続殺人捜査チームの指揮官。長年の付き合いからルーサーを信頼し、多少の違法捜査にも目をつぶっている。

キャサリン・ハリデー(ウンミ・モサク)
ルーサーの新しい相棒。警視になることが約束されている期待の新星。

ベニー・シルバー(マイケル・スマイリー)
情報担当の捜査官。ネット上の情報を探る。ルーサーに頼まれてジョージの息子が誘拐された事件について調べる。

ヴィヴィアン・レイク(ハーマイオニー・ノリス)
精神科医。危険性が高い患者ジェームズ・ハウザーについて、警察に情報提供する。結婚して18年になる外科医の夫ジェレミーを愛している。

ジェレミー・レイク(エンツォ・チレンティ)
ヴィヴィアンの夫。外科医。LEDライトを埋め込んだフードを被り、無差別殺人を繰り返す。

ジョージ・コーネリアス(パトリック・マラハイド)
裏社会の実力者。シーズン4でアリスが持ち込んだ最高級のダイヤを奪おうとして、アントワープで手下に襲わせた。息子のアリスターが誘拐され、ルーサーを疑う。

アリスター・コーネリアス(アンドリュー・モーラン)
ジョージの息子。誘拐されて行方不明になる。

マーク・ノース(ポール・マッギャン)
ルーサーの亡き妻ゾーイが交際していた相手。シーズン1でゾーイを殺した犯人が死ぬことを望み、アリスが実行した。

 

各話のあらすじ

※ネタバレを含みます

ルーサーは裏社会のボス、ジョージ・コーネリアスに拉致され、息子の居場所を尋ねられる。胸騒ぎがしたルーサーは、同僚のベニーの力を借りて、誘拐事件の真相を探り始める。
ロンドンで体中に釘を刺された死体と、目と舌を切り抜かれた死体が発見される。ルーサーは新しい相棒ハリデー巡査部長と共に捜査を開始するが、手掛かりは見つからない。すると精神科医のヴィヴィアン・レイクから危険性が高い患者ジェームズ・ハウザーについて情報提供があり、ジェームズの写真と彼が描いた絵が持ち込まれる。
ルーサーたちはヴィヴィアンを泳がせ、ジェームズと接触したところを取り押さえようとするが、ジェームズは警察の尾行に気づきヴィヴィアンを切りつけて逃亡、自らナイフで喉を切って死んでしまう。帰宅したヴィヴィアンはトランクの中に隠していた夫のジェレミーを厳しく叱りつける。
ハリデーは真犯人が別にいるのではと考え、捜査の続行を望む。ルーサーの前には死んだはずのアリスが傷を負って現れる。アリスは2年前にアントワープでダイヤを横取りされた恨みを晴らすため、ジョージの息子アリスターを誘拐。ジョージに金を払うよう命じるが、ジョージは息子を見捨ててアリスにショットガンを撃ち込んだのだった。
ルーサーとハリデーはヴィヴィアンの夫ジェレミーを訪ね、心臓外科医の彼が脳のMRI映像を見ていたことに疑念を抱く。ヴィヴィアンは異常な性衝動に駆られて殺人を重ねる夫ジェレミーを心配し、やめるよう忠告。ジェレミーは「危険を冒さない」ことを約束するが、衝動を抑えきれずペニーを拉致する。
ルーサーはアリスの自宅に監禁されていたジョージの息子アリスターをジョージに返す。気が収まらないジョージに「金を払う」と持ちかけるルーサーだったが、ジョージはルーサーの同僚ベニーを拉致して拷問にかけ、アリスを連れてくるようルーサーに命じる。
ルーサーに別れを告げたアリスは、娼婦に扮してアリスターの部屋に侵入し、アリスターを殺害する。
ルーサーはジョージの家から出てきたアリスを捕まえ、ジョージに写真を送る。ルーサーが脅されていることを知ったアリスは、ベニーが捕らわれている倉庫に火をつけ、ベニーを救出。3人はルーサーの知り合いであるマークのもとに身を寄せる。アリスが息子を殺したことを知ったジョージは激怒し、シェンクの忠告を無視して殺し屋を雇う。
ヴィヴィアンはジェレミーが地下室にペニーを監禁していることを知り、犯行を隠蔽するためペニーを眠らせて解体しようとする。ジェレミーが脳腫瘍を患っていることを知ったハリデーは、ジェレミーこそが真犯人で、自殺したジェームズはヴィヴィアンによって身代わりにさせられたのだと気づく。ルーサーとハリデーはレイク家に踏み込み、地下に監禁されているペニーを救い出す。
ジョージが雇った暗殺者パルマーは、ベニーとアリス、マークを人質に取ってルーサーを呼び出そうとする。ベニーはパルマーの注意をひきつけようとして殺されてしまう。ルーサーはジョージが隠れているホテルを突き止め、ジョージに銃を突き付けて休戦を進言する。
一時休戦に応じたジョージは、シティ空港でルーサーを待ち受けるパルマーを撃ち殺し、ルーサーが死体の側で立ち尽くす写真を撮る。ルーサーは空港の倉庫に監禁されていたアリスとマークを救出し、アリスに「すべて終わった」と告げる。疑心暗鬼に駆られたアリスは、ジョージに電話をしてジョージが生きていることを確かめる。
逃亡したジェレミーは犯行をやめようとせず、さらなる被害者が出る。署に戻ったルーサーは、ハリデーと共にヴィヴィアンを問い詰め、ジェレミーの次なる犯行を聞き出す。
ベニーの死を知ったシェンクは、逮捕したジョージからパルマーの遺体の側に佇むルーサーの写真を見せられる。ルーサーと共に現場に向かうハリデーは、シェンクに署に戻るよう命じられるが、ルーサーは命令を無視して現場に踏み込む。家の中に潜んでいたジェレミーを確保したルーサーは、そのまま逃亡しようとするが、ハリデーと言い争いになる。
アリスはハリデーを撃ち殺し、ルーサーにも発砲。ルーサーは工事現場に逃げ込んだアリスを追いかけ、逮捕しようとする。アリスはルーサーへの愛を語り、最後に残った銃弾を撃ち込もうとするが、ルーサーに体当たりされて足場から落ちそうになる。ルーサーはとっさにアリスの手を取るが、アリスはナイフでルーサーの手を切りつけ転落する。
シェンクと警官たちが駆けつけ、ルーサーを取り囲む。シェンクはルーサーを抱きかかえるように手錠をかける。

感想(ネタバレ有)

理屈が通用しない人たち

いやー、もー、凄かったねぇ……。

ジョンも、アリスも、ジョージも、連続殺人犯も、みんな〝ギリギリ〟。
善か悪かを悠長に考えてるようなレベルじゃないのよ。

全員、理屈なんか通用しないんだから。

猟奇殺人はシリーズを重ねるごとにエスカレートし、もはやホラー。
わたし血とか傷とかが苦手なので、毎回ヒヤヒヤでした。

ストーリーはシーズン4と続いていまして、今回もっとも厄介だったのが前回から登場した裏社会のボス、ジョージ・コーネリアス。

息子を誘拐したって勘違いして、ジョンを拉致ってボコボコにするんだけど、もちろん誘拐したのはジョンではありません。

ジョンとアリス、ジョージのこじれた関係

はい、アリスです。

やっぱり生きてましたねー、アリス。
警官を買収して死んだことにしてたらしいです。

アントワープでジョージの手下にダイヤを奪われたのは本当で(でも実際に奪ったのはミーガンだけど)、その仕返しと、ダイヤの代金を払わせるためにジョージの息子を誘拐したっていう。

で、ジョンはそのとばっちりを受けたわけ。

まぁ、もとはといえば、ジョンと2人でサンパウロに逃げるためのお金を作ろうとしてダイヤを売ったんだから、ジョンも無関係ってわけでもない。

そしてどうやら2人は、あの淋しい海辺の小屋で愛し合ったようだし。

それなのに、怪我をして頼ってきたアリスを冷たく追い返そうとするジョン。
「関わりたくない」って、ええ~~? 酷くない!?

ジョンとアリスの関係がこじれたまま、そこにジョージも絡んできて、シリーズ史上最高にややこしい問題に発展。

はっきり言って、ジョージ(とその息子)は、2人の痴話喧嘩に巻き込まれたようなものよね……。

愛を求めるアリス、刑事を辞められないジョン

アリスは常識が通用しない人だけど、ジョンを愛していたのは本当だったように思う。

彼女の望みは、ジョンと2人で海外に逃亡することだった。
でも、ジョンは一度はその気になりながら、やっぱり警察を辞められないとアリスを拒んでしまう。

ジョンはテレビで事件を報じるニュースを見て、「俺なら助けられたかもしれない」と言っていたけど、たぶんそんな理屈は後付けで、刑事でいることが〝こちら側〟に留まる最後の命綱になってるんだと思う。

ジョンはその命綱にしがみついた。
アリスのいる〝あちら側〟には、行けなかった。ただそれだけ。

アリスがジョージの息子を惨殺したのは、ジョンと再会してその事実を突き付けられ、半ば自棄になって行動を起こした結果のように見える。

自分はジョンとは違う世界で生きるという意志表示だったのかもしれないし、自分の異常性をジョンに見せつけるためだったのかもしれない。

アリスの行動の裏にはいつもジョンがいて、彼女はただジョンを手に入れたかっただけなんだろうな……と。なんだか健気で泣けてくる。

マークが「本当の君はサイコパスでもなんでもない」と言っていたけど、彼にはアリスが本気でジョンを愛していることがわかったんだろう。

にしても、マークめっちゃいい人だなぁ~。
こんな恐ろしい目に遭ってもまだ「手を貸すよ」って……フツー言える?

わたしだったらジョンともアリスとも二度と関わりたくないって思うな~、怖すぎるわ。

アリスの死とルーサーの逮捕

2人の痴話喧嘩は、ついに互いを傷つけ合うほどに激化。

どうあっても刑事であろうとするジョンに激怒したアリスは、ジョンと話していただけのハリデー警部を銃殺し(なんで!?)、ジョンにも銃をぶっ放し、「あなたは愛を理解できない」となじる。

「これが愛だというのか?」

まぁ……そう言いたくなるよね、そりゃあ……。

アリスの特殊な愛は、ルーサーには通じなかった。
そういう意味でもルーサーは〝こちら側〟の人間だったのかも。

アリスが弾が残ってないフリをしたのは、最後にジョンの顔を間近で見たかったからかなぁ。

足場から転落したアリスが死んだかどうかはわからないけど、普通に考えたら助からないよね。床には大量の血が広がっていたし。

シャンクはジョンを逮捕したくなかったはずだけど、もうここまで来たら逮捕しないわけにはいかない。

ベニー、パルマー(殺し屋)、ハリデー、アリスの死には、すべてジョンが絡んでいる。ジョンは殺してないけど、それを証明するのは難しそう。

シャンクがジョンの上着を脱がせて手首を隠して、その下で手錠をかけるシーンで胸がいっぱいになった。アリスのことも含めて、なんかもう……感無量だった。

アリスが死んで、ジョンは逮捕された。
これが最終シリーズになるのかなぁ。

ジョンもアリスも年をとって、年齢面でも〝ギリギリ〟だったのよね。

今のところシーズン6の知らせはないようですが、これで打ち切りと決まったわけでもないみたい。

続きを見たいような気もするけど、アリスがいない「刑事ジョン・ルーサー」は淋しいなぁ……。

シーズン4はこちら

海外ドラマ「刑事ジョン・ルーサー」シーズン4刑事ジョン・ルーサー【シーズン4】アリス死亡?事故死か殺人か…謎の女ミーガン

「刑事ジョン・ルーサー」の記事一覧を見る