Hulu「THE HEAD」第1話|究極の密室劇!犯人はこの中にいる

海外ドラマ「THE HEAD」あらすじキャスト

「THE HEAD」記事一覧

Huluで配信が始まった海外ドラマ「THE HEAD」第1話のあらすじと感想です。

現時点では「舞台は整った」という段階なのですが、雰囲気は抜群。シチュエーションも抜群。本格的な密室ミステリーを楽しめそうです。

これだけ大掛かりだと、全6話なのがもったいないね。

この作品は、Huluで動画配信されています。2週間の無料お試し期間あり(お試し期間中に解約すれば料金は発生しません)。※最新の配信状況と料金はHulu公式サイトにてご確認ください

第1話のあらすじ(ネタバレ有)

〈南極科学研究基地ポラリス6〉での任務を終えたヨハンら夏期隊員たちは、そのまま基地に残って研究を続ける“越冬隊”のメンバー10名を残して基地を去ることに。

“越冬隊”のメンバーには、ヨハンの妻で遺伝学者のアニカも入っていた。アニカは世界的な生物学者アーサーや冬季隊長エリック、微生物学者のアキらとともに“長い夜”を迎えた基地に残る。

6か月後の10月29日。ヨハンは救助隊を率いて基地へ向かっていた。3週間前から基地との交信が途絶えていたのだ。基地を訪れたヨハンらが目にしたのは、恐ろしい光景だった。

静まりかえった基地の中からは7人の遺体が発見された。そのうち1体は焼死体で、顔も判別できないほどだった。壁には血の手形や銃痕が残っており、基地内は散乱していた。

生存者は医師のマギーただ1人。ナイフを手にして厨房に隠れていた彼女は、錯乱状態にあり、記憶喪失や精神病を引き起こす“T3症候群”と呼ばれる南極特有の症状を起こしていた。

警察が基地に到着するまで48時間かかると知ったヨハンは、妻アニカの行方を聞き出すため、医務室で横たわるマギーを問い詰める。マギーは記憶をたどるように、最初の事件を語り始める。

全員で映画「遊星からの物体X」を見て絆を深めた翌日、ニルスとマイルズが殴り合いの喧嘩を始める。

手当をしたマギーに、マイルズは「ニルスがシャワーにかかる時間をはかって急かす」と喧嘩の理由を語り、マギーを見て「ある人に似ている。南極にはもったいない人だった」と言う。アーサーはニルスが何を話したか執拗に尋ねる。

通信システムに接続エラーが起き、マイルズは点検のため基地の外へ出る。アキは死んだアザラシを埋めるため外に出て、マイルズを見かける。

その後、マイルズの姿が見えないことに気付き、アキの証言をもとにエリック、ニルス、ヘザーの3人がマイルズを探しに行く。

ヘザーは雪の上に血痕が残っているのを見つけ、エリック、ニルスとともに血痕を追っていく。そこには首が切断されたマイルズの遺体が放置されていた。

基地に戻ったエリックは急いで交信を試みるが、衛星回線が切れていて通信できないことに気付く。

事件当時を思い出したマギーはパニックに陥り、ヨハンは医務室を追い出される。エリックはアニカの部屋へ行き、破られた手紙を見つける。そこには「私の手は血で汚れた。業火に値する罪よ」と書かれていた。

登場人物はこちら

海外ドラマ「THE HEAD」あらすじキャストHulu「THE HEAD」登場人物(キャスト)・各話あらすじ・予告動画

第1話の感想

7人の遺体と2人の失踪者と1人の生存者

始まって20分たらずという早い段階で事件が発覚。ここから先は、「この6か月間に何があったのか?」を徐々に紐解いていく流れになりそうです。

まず、基地で見つかった7人の遺体を確認しておきましょう。

  • エリック(冬期隊長)
  • ヘザー(コンピューター担当)
  • ラモン(調理師)
  • ニルス(技術者)
  • アキ(微生物学者)
  • マイルズ(通信担当)
  • ???

最後の1人は身元不明の焼死体。アーサー(生物学者)、エバ(看護師)、アニカ(遺伝学者)が行方不明なので、そのうちの1人と思われますが…。

生存者は、アキと仲が良かった医師マギーだけ。彼女の様子からしてよほど怖い目にあったらしいことが分かる。死者と生者を分けたものは何だったんだろう。行方不明の2人は、どこかで生きているんだろうか。

遺体の顔がひとりずつ映ったとき、山下さんの顔がきれいすぎて女性だと思い、「あれっアキがいない」と思ってもう一度戻って確認しちゃったわ。

犯人はこの中にいる

ヨハンは妻アニカの行方を知りたくて、警察が来る前にマギーを問い詰めます。で、マギーの回想によって、最初の被害者マイルズが遺体で発見されたときの様子が描かれる。これがまた怖い!

切断した首を遺体にのせてるだけなので、肩を揺すると首がごろんと転がるっていう。「犬神家」の菊人形を思い出したわ。このドラマの雰囲気、ちょっと横溝正史っぽいところありますね。

マイルズの遺体を発見した3人(エリック、ニルス、ヘザー)が、蒼白な顔で基地に戻ってきて、隊員たちに「どうだった?」と聞かれても何も答えずに通信室へ直行するシーンもリアルだった。

だって、この基地内に犯人がいるんですからね!

無人島とか山奥の別荘とか、密室劇の舞台はいろいろあるけど、今回は「南極」ですからね! これ以上の密室はないのでは!?

しかもあの残忍な殺し方。すぐそばに異常者がいると考えただけで、めちゃくちゃ怖い。

アニカが残した手紙

マイルズは殺される直前にニルスと殴り合いの喧嘩をしていて、その理由もなんだか腑に落ちないのよね。ニルスはシャワーの時間がどうのって言ってたけど、たぶん別の理由があるはず。アーサーとエリックはそのことを知っているはず。

さらに、ヨハンは妻アニカの部屋で手紙を見つけます。そこには、こんなことが書かれていました。

「ヨハン 許されないことをしてごめんなさい 私の手は血で汚れた 業火に値する罪よ」

これは、アニカが殺人に手を染めてしまったと考えるのが妥当ですよね。でも、なぜ破かれていたんだろう? そしてアニカはどこへ?

はたして犯人は誰なのか。わたしも推理しつつ、徐々に真相に近づいていく過程を楽しみたいと思います。今んとこ山下さん演じるアキが有力候補かな~。

【南極雑学①】南極の氷の下には湖がある

みなさんは南極についてどのくらい知ってますか? わたしは「ペンギンがいる」「映画の舞台になった」程度の知識しかなかったので、今回少しだけ調べてみました。

南極大陸は、地球上にある6大大陸のひとつ。北極との最大の違いは、陸地があることです。驚くのは、氷の厚さ。なんと平均2450mもの厚さの氷の塊が、岩盤の上に乗っているそう。

ちなみに南極の氷は海の水が凍った流氷とは違い、南極大陸に降った雪が氷に変化したものです。

さらに驚くのが、その分厚い氷の下に、400以上の湖が凍らない状態で存在しているということ。最も大きな湖はボストーク湖といい、琵琶湖の約23倍の面積と言われています。

南極の氷の表面からボストークの湖面までは4000mもの距離があり、実際に見ることはできません。2012年にロシアの研究チームが氷に穴を開けて調べようとしましたがうまくいかず、その実態は現在も解明されていません。

あの氷の下に、そんな未知の世界が広がっているなんて…考えただけでワクワクしますね。

THE HEAD関連記事

ほかの記事を読む?