Hulu「THE HEAD」第3話|焼死体の身元と新たな謎

海外ドラマ「THE HEAD」あらすじキャスト

「THE HEAD」記事一覧

Huluで配信中の海外ドラマ「THE HEAD」第3話のあらすじと感想です。

今回は炎上した雪上車の謎と焼死体の身元が明らかに。テンポが速く、つぎつぎと事件が起こるので目が離せません。

そして新たな謎も…。
はたしてアニカの行方は!?

この作品は、Huluで動画配信されています。2週間の無料お試し期間あり(お試し期間中に解約すれば料金は発生しません)。※最新の配信状況と料金はHulu公式サイトにてご確認ください

第3話のあらすじ(ネタバレ有)

新たに見つかった生存者アーサーから話を聞くヨハン。マギーは研究を盗むために送り込まれたスパイで、マイルズは彼女を脅迫していたために殺されたのだろうとアーサーは臆測を語るが、証拠はどこにもない。

アーサーのデスクには、チーム全員の精神鑑定の面接映像があるという。マギーの面接映像を確認したヨハンは、彼女が嘘をついていることに気付く。

ヨハンに問い詰められたマギーは、「どうしても面接に受かりたかった」と言い、南極へ行くことが死んだ母との約束だったと語る。

マギーはヨハンに促され、ランドリーでニルスを発見した後の話をする。死因は頸動脈の切断で、彼の胸には何者かによって「V」の文字が刻まれていた。

隊員たちを動揺させないために、「V」の文字については秘密にするよう口止めするエリック。だが話すべきだと判断したマギーは、全員が集まる場所で公表してしまう。

疑心暗鬼になり、不穏な空気に包まれる基地内。ラモンはノコギリを発見したマギーを疑い、アキは暴言を吐くラモンに飛びかかり暴力を振るう。アキの意外な一面を見たマギーは、彼の医療記録を確認するが問題はなかった。

グスタフから衛星通信が復旧したという連絡が入り、ヨハンの手元にある隊員たちの携帯電話にも家族や知人からのメッセージが次々と届く。

エバとエリックがセックスしている動画を見たヨハンは、2人が以前から不倫関係にあったことや、別れようとするエバに対しエリックがストーカー行為を働いていたことをアーサーから教えられる。

命の危険を感じた越冬隊は、雪上車で誰かひとりをアルゼンチン基地に向かわせ、助けを求めることに。エバを基地から逃がしたいエリックは、くじ引きを細工して彼女を選出させる。

隊員たち全員が見守る中、出発しようと雪上車のエンジンをかけるエバ。その直後、雪上車は炎に包まれ、エバは運転席で火だるまになる。

エバの死を目の当たりにして逆上したエリックは、密かに持ち込んでいた銃を取り出し、犯人に向かって名乗り出るよう叫ぶ。

アニカはエリックをなだめようと説得を試みるが、ラモンが銃を奪おうとエリックに飛びかかり、抵抗したエリックが発砲。ヘザーは即死し、マギーも負傷する。

基地のすぐ近くの雪の中から遺体が発見される。アニカだと思い込み泣き崩れるヨハンだったが、遺体の右足にはボルトが埋め込まれており、別人の可能性が出てくる。

登場人物はこちら

海外ドラマ「THE HEAD」あらすじキャストHulu「THE HEAD」登場人物(キャスト)・各話あらすじ・予告動画

第3話の感想

アーサーのマギー犯人説は臆測だった

前回、地下トンネルで発見されたアーサーは「マギーが全員を殺した」と主張しましたが、臆測でした。彼女が犯人である証拠はなく、被害妄想のようです(現時点では)。

アーサーが犯人で、マギーに罪を着せようとしている可能性もあります。アーサーとエリックが何かを隠していることは明らかですし、第1話でアニカは彼を避けているようなことを夫に話していました。

とはいえ、マギーに見え隠れするミステリアスな影はやはり不気味で、自意識過剰な俺様博士のアーサーよりもよっぽど犯人っぽいのですが。

エリックとエバは不倫関係

ニルスの胸に犯人からのメッセージと思われる「V」の字が刻まれていたことで、隊員たちは“見えない敵”に追い詰められていきます。

ラモンは誰彼かまわず犯人扱いし、マギーを侮辱してアキが爆発。真面目でおとなしそうに見えるアキが最初にキレたことに驚く隊員たち。

アニカは命を守るために一緒に行動すべきだと意見しますが、アーサーに反対され、苦肉の策として200キロ以上離れたアルゼンチン基地に助けを求めようと提案します。

で、くじ引きで選ばれたのがエバ。これはエバを逃がしたいエリックの策略で、2人は8年前から不倫関係を続けていたことが明らかに。

エバが南極に来たのは2度目で、前回は甲斐性なしの夫のためにお金を稼ぐ必要に駆られたためだったと説明していました。しかしその後、夫は真人間になっていて部隊に参加する理由はなくなっています。

それなのに今回も部隊に参加したのは何故なのか? という疑問が前回あったわけですが、エリックとの関係を続けるためだったのでしょうか。

でも、エバはエリックと別れたがっていました。マギーは2人が言い争っている現場を目撃し、エリックが「ゴアヴァハンスィア(彼に従え)」と言うのを聞いています。

彼(または彼女)とは誰なのか。有力候補はアーサーですが、それだとストレートすぎるかな。

焼死体の身元が明らかに

エンジンをかけたとたん、炎に巻かれる雪上車とエバ。身元がわからなかった焼死体は、エバだと判明しました。

錯乱したエリックは銃を取り出し、ラモンと揉み合いになって発砲。ヘザーは銃弾を浴びて即死し、マギーも負傷。

彼らを分断させることが犯人の目的だとしたら、この展開も犯人の狙いどおりなのかもしれません。

画面を通して見ている分にはフィクションとして楽しめるけど、実際にあの基地の中にいたら気が狂いそうですね…めちゃくちゃ怖い状況です。

アニカは秘密を抱えていた?

そして基地のそばで見つかった遺体は、右足に埋め込まれていたボルトからアニカではなさそうだということがわかり、新たな謎が浮上します。

アニカじゃなかったら……誰?

まさかの部外者? 南極に? どうやって潜り込んだの!?

ただ、アニカもかなり怪しい人物なんですよね。第1話で見つかった手紙もそうだし、第2話の冒頭で描かれたシーン(ダミアン・ファウルズが死んだという連絡を受け、動揺していた)もかなり意味深でした。

いずれも伏線だと思われるので、彼女自身が秘密を抱えている可能性はある。アニカになりすました別人とか(双子?)。

ますます面白くなってきましたね~。残るはエリック、アーサー、アニカ、マギー、アキ、ラモンの6人です。

【南極雑学③】南極では隕石が見つかりやすい

隕石は、小惑星などが地球の重力に引き寄せられたりして地上に落ちてくるもの。46億年前の地球誕生以降、たくさんの隕石が落ちてきたと思われますが、発見された隕石の8割は南極で見つかっでいます。

南極は隕石が落ちやすい場所…というわけではなく、見つかりやすい場所なのだそうです。

南極に落ちた隕石は氷河に埋もれ、氷河と共に海のほうへ移動していきます。しかし途中で山にせき止められ、山の麓に残った隕石は表面に出てきやすいのだとか。

ちなみに日本の研究機関が南極で発見した隕石は1万6200個で、世界第2位の数(1位はアメリカ)。

THE HEAD関連記事

ほかの記事を読む?