BBCドラマ「ABC殺人事件」孤独で悲壮感が漂うポアロ

BBCドラマ「ABC殺人事件」ネタバレ感想

「ABC殺人事件」

「アガサ・クリスティ」の記事一覧を見る

どうも、夏蜜柑です。
BBCドラマ「ABC殺人事件」(全3話)の紹介です。

ミステリーの女王、アガサ・クリスティーの名作をドラマ化した話題作。年老いた名探偵ポワロを演じるのは名優ジョン・マルコヴィッチ。(NHK公式サイトより)

2018年12月26日から3夜連続で、BBC Oneにて放送されたドラマです。

舞台は1933年のロンドン。年老いた名探偵ポワロのもとに挑戦状とも取れる手紙が届き、やがてABCのアルファベット順に犯行が行われる連続殺人事件へと発展していきます。

原作に登場するポワロの相棒ヘイスティングズが登場せず、原作にはない盟友ジャップ警部の死が描かれるなど、年老いたポアロの孤独と悲壮感が強調されているのが印象的。

後任の若いクローム警部との確執にも、ポアロの過去(戦争体験)を絡ませ、原作よりもずっと重いシリアスな演出になっています。

ポアロを演じたのはジョン・マルコヴィッチ。
外見的にはあまりポアロっぽくはないですが、新鮮でした。

これまでのBBC制作クリスティ作品同様、今回もオリジナルとは違う解釈または結末が予想されます。楽しみです。

※この記事は随時更新中です

番組概要

  • 原作:アガサ・クリスティ『ABC殺人事件
  • 製作国:イギリス(2018)
  • 原題:The ABC Murders
  • 脚本:サラ・フェルプス
  • 演出:アレックス・ガバシ
放送予定NHK・BSプレミアムにて2019年7月13日(土)、20日(土)、27日(土)の全3回にわたって、いずれも午後5時から放送される予定です。

あらすじ

1933年のイギリス・ロンドン。年老いた名探偵ポワロのもとに事件を予告する挑戦状のような手紙が届く。署名は「A.B.C」。準備ができたらまた連絡すると書かれていた。やがて再び「A.B.C」から届いた手紙には、イニシャル「A」の町の名と3月31日という日付が。そして、その日、その場所で、イニシャル「A」の女性が殺される。連続殺人の始まりだった。ABCのアルファベット順に行われていく犯行。ポワロは犯人を突き止めることができるのか?(NHK公式サイトより)

動画


原作について

このドラマの原作は、アガサ・クリスティの長編推理小説『ABC殺人事件』(1936年発表)です。ポアロシリーズの長編第11作目にあたります。

原作についてはこちら↓の記事に詳しくまとめています。

アガサ・クリスティ「ABC殺人事件」アガサ・クリスティ著「ABC殺人事件」あらすじ解説&感想|スリリングな展開と驚きの結末

登場人物(キャスト)

エルキュール・ポワロ(ジョン・マルコヴィッチ)
世界的に有名な私立探偵。ベルギー出身。第一次世界大戦中にイギリスに亡命した。「A.B.C」と署名された挑戦状のような手紙が届き、事件を阻止して犯人を捕まえるべく動く。

クローム警部(ルパート・グリント)
ロンドン警視庁の若い警部。ポワロの盟友ジャップ警部の後任者。優秀だが傲慢で、ポワロのことを過去の人物と見下している。ポアロがベルギーの警察官だったという過去を疑い、ジャップ警部が死んだのはポアロに騙されたせいだと思い込んでいる。

ジャップ警部(ケビン・マクナリー)
ポアロの盟友。現在は退職して郊外で暮らしている。「A.B.C」の手紙を持って訪ねてきたポアロを快く迎えるが、突然発作に見舞われてこの世を去る。

イェランド巡査部長(マイケル・シェーファー)
ロンドン警視庁の巡査部長。クローム警部の部下。クローム同様、ポアロを見下している。

アレキサンダー・ボナパルト・カスト(エイモン・ファレン)
ストッキングのセールスマン。物静かでおとなしい人物。マーブリーの下宿に滞在しながら、セールスの仕事をしている。殺人事件が起こる町に現れる。マーブリーの娘・リリーに金を払い、特別なサービスを受けている。

ローズ・マーブリー(シャーリー・ヘンダーソン)
下宿の主人。無愛想で、ずけずけとものを言う。娘のリリーに怪しい仕事をさせている。

リリー・マーブリー(アーニャ・チャロトラ)
ローズの娘。母の仲介で男性の下宿人に特別なサービスをしている。

メーガン・バーナード(ブロンウィン・ジェームズ)
母親と妹ベティと暮らす地味な女性。聡明だが自分に自信が持てずにいる。妹ベティの婚約者ドナルドとはかつて恋仲だったが、ベティに奪われた。今でもドナルドに心を寄せている。

ベティ・バーナード(イヴ・オースティン)
メーガンの妹。カフェで働く派手で遊び好きな女性。姉メーガンから恋人のドナルドを奪うが、ドナルドを「つまらない」と一蹴する。カフェで出会ったカストからストッキングを買い、金を払わず追い返した。

ドナルド・フレイザー(ジャック・ファーシング)
ベティの婚約者。もともとはメーガンの恋人だったが、魅力的な妹ベティに乗り換えた。ベティを信じており、メーガンに辛くあたる。姉妹の母親に気に入られている。

サー・カーマイケル・クラーク(クリストファー・ヴィラーズ)
上流階級の紳士。家族と愛犬を愛し、妻のハーマイオニーが不治の病に侵されていることに心を痛めている。秘書のグレイを信頼していたが、ある日彼女から誘惑されて憤り、クビを言い渡す。

ハーマイオニー・クラーク夫人(タラ・フィッツジェラルド)
サー・カーマイケルの妻。現在は重い病を患っている。「名探偵ポワロ」のファンで、かつて誕生日の余興にポワロを招き、推理ゲームを楽しんだこともある。秘書のグレイと夫との仲を疑い、義弟のフランクリンに見張らせている。

フランクリン・クラーク(アンドリュー・バカン)
サー・カーマイケルの弟。優しく魅力的な男性。ハーマイオニーに信頼されている。

ソーラ・グレイ(フレイヤ・メイヴァー)
クラーク家の秘書。美しく魅力的な女性。ハーマイオニーから夫との仲を疑われている。

エピソードリスト

※ネタバレを含みます

1933年のロンドン。年老いた名探偵ポワロのもとに、「A.B.C」という署名入りの挑戦状とも思える手紙が届く。手紙の内容に不安を覚えたポアロはロンドン警視庁を訪ねるが、旧知の仲であるジャップ警部は既に引退していた。ポアロはジャップの家を訪ね、再会を喜び合う2人。だがその直後、ジャップは突然の発作に見舞われこの世を去ってしまう。
ジャップの後任のクローム警部は若く優秀な人物だったが、老いたポアロを見下してまともに取り合おうとしない。「A.B.C」から届いた手紙には、イニシャル「A」の町の名と3月31日という日付が。そしてポアロの不安は的中し、その日、その場所で、イニシャル「A」の女性アリス・アッシャーが殺される。遺体のそばには「ABC鉄道案内」が置かれていた。
同じ頃、ストッキングのセールスマンをしているアレキサンダー・ボナパルト・カストがローズ・マーブリーの下宿へやってくる。カストは下宿に滞在しながら各地を訪れ、セールスの仕事をしようとしていた。カストはベクスヒルのカフェでベティというウェイトレスに出会い、ストッキングを売る。しかし彼女は代金を払わず、カストを罵倒して立ち去る。
ポアロのもとにまたもや手紙が届き、ベクスヒルの町でベティ・バーナードが殺害される。ポアロがベクスヒルから帰宅すると、クローム警部が家宅捜索を行っていた。クロームはポアロの過去を調べ、ベルギーで警察官だったという記録はないと主張。ジャップ警部が死んだのはポアロに騙され利用されたからだとポアロを罵る。
ポワロが鉄道案内の「C」のページを見つめていると、隣人がポワロ宛ての手紙を届けにくる。使用人が間違えて持ってきていたという。手紙には「チャーストン」の名と、今日の日付が。ポワロは急いでチャーストンに住むサー・カーマイケル・クラークの家に電話をするが、サー・カーマイケルは既に殺害されていた。サー・カーマイケルの弟フランクリンは、ポアロに直々に調査を依頼する。
ポアロは一連の事件の共通点が自分だということに気づき、クローム警部に伝える。ABCのいずれも、ポアロが以前に訪れたことがある場所だった。「B」の事件で殺されたベティの姉メーガンは、事件の夜、妹がいたクラブでポアロにそっくりなセールスマンを見たと証言する。「C」の事件で殺されたサー・カーマイケルの妻ハーマイオニーもまた、同様の証言をする。秘書のソーラを疑う彼女は、ポアロにフランクリンを守ってほしいと頼む。
ポアロのもとに次の手紙が届き、「D」の場所がドンカスターだと判明する。ポアロとクローム警部は以前ポアロが訪れたことのある〝ドンカスター競馬場〟へ向かうが、犯行は劇場で行われ、コメディアンのベニー・グルーが殺害される。犯人は腹話術師のデクスター・ドゥーリーと間違えたのだ。
ポアロは駅のホームで自分にそっくりな男を見かけ、後を追う。しかし男は姿を消し、「何者だ、エルキュール。本当は何者だ」と書かれたメモが残されていた。
 

感想

※後日更新予定

 

「海外ドラマ」の記事一覧を見る

ほかの記事を読む?

BBCドラマ「無実はさいなむ」 BBCドラマ「無実はさいなむ」感想と解説|原作とは異なる犯人と結末が面白い 海外ドラマ「刑事ジョン・ルーサー」 【NHK放送決定】刑事ジョン・ルーサー|登場人物(キャスト)・各話あらすじ・感想