コンフィデンスマンJP第9話(スポーツ編)小池徹平とチョビ髭さん

「コンフィデンスマンJP」

「コンフィデンスマンJP」

どうも、夏蜜柑です。
「コンフィデンスマンJP」第9話、スポーツ編。

すっごくくだらないのに、ちょっとウルッと来てしまった(笑)後半は、暴走するボクちゃんたちをダー子が必死に止めるという珍しい展開で、詐欺ではなくなってましたね。

今回の副音声企画「五十嵐のスウィートルーム」は、長澤まさみさん、東出昌大さん、小日向文世さんがゲストとして登場。撮影裏話、楽しかったです!

以下、ネタバレを含みますのでご注意ください。

第9話「スポーツ編」あらすじ

  • ちょび髭(瀧川英次)は、応援する野球チームとサッカーチームをIT企業の社長・桂公彦(小池徹平)に潰されたとダー子(長澤まさみ)らに泣きつく。
  • 桂をターゲットに選んだダー子は、鴨井ミワ(平野美宇)が所属する東京ジェッツの買収話を持ち込むが、なぜか桂は乗ってこない。桂の目的は節税対策で、弱いチームにしか興味がなかった。
  • ダー子は、ホームレス同様の生活を送る元日本代表候補の半原敦(和田聰宏)や、スポーツ経験のない外国人、街の片隅でくすぶる不良青年らを集め、架空のバスケチーム「熱海チーターズ」を結成。桂は2.5億を出資し、勝てないチームに大喜びする。
  • だが、桂の真意を知ったボクちゃん(東出昌大)たちは、次第にチームの結束を強め、本気で勝ちたいと思うようになる。選手の頑張りでチームは徐々に人気が出始め、桂は激怒。桂から3年契約の7.5億を引き出したいダー子だが、選手の暴走を止められない。
  • 桂の本当の目的は、スポーツへの復讐だった。運動音痴だった桂は、子供の頃からスポーツができずイジメにも遭い、妻はサッカー選手と浮気。自分がオーナーとなって選手たちの上に立つことで、その恨みを晴らしていたのだった。
  • ダー子たちは、桂が心の底ではスポーツが好きなことを見抜き、「熱海チーターズ」を桂に託して撤収。2年後、桂がオーナーを務めるチーターズはプロリーグで初勝利を収める。

第9話「スポーツ編」キャスト

ダー子……長澤まさみ
ボクちゃん……東出昌大
リチャード……小日向文世
五十嵐……小手伸也
ちょび髭……瀧川英次
桂公彦……小池徹平
半原敦……和田聰宏

第9話「スポーツ編」感想

スポ根万歳!

オープニングは、米国のスポーツライター、ヘイウッド・ヘイル・ブルーンの言葉でした。

スポーツは、人格を作り上げるのではない。
スポーツは、人格をさらけ出すのだ。

今回は、スクールウォーズの主題歌「ヒーロー」by麻倉未稀が流れたり、ルーキーズの主題歌「キセキ」byGReeeeNが流れたり、スラムダンクの名場面のパロディがあったり、スポ根万歳!の回でした。

「寄せ集めの弱小チームがオーナーの真意を知って奮起し、どんどん強くなって勝利する」というストーリーは、映画「メジャーリーグ」のパロディかな?

わたしはダー子の「どっちが勝とうが負けようが私には何の関係もないわ」というスタンスに近くて、小池徹平さん演じる桂の「何かとスポーツで嫌な目に遭った」って境遇に激しく頷ける方。

でも、桂と同じく、嫌いではないです。
スポ根漫画も好きだし、試合を見て熱くなることもあるし、自分とは関係ないと思いながらもウルッと来たりします。

最終的にお金はどうなった?

今回のターゲットは小池徹平さん演じるIT企業の社長・桂公彦
若くして億万長者になったせいか、傲慢で尊大でスッゲー嫌なヤツ。

副音声でもみなさん語っておられましたが、小池徹平さんがこういう悪役を演じるの珍しくて、とても新鮮でしたね。でも違和感はなくて、傷ついた過去を持つちょっと拗ねた若い社長役がハマってました。

ラストシーンではすごくいい顔になってたから、長年のスポーツに対するコンプレックスを克服できたのかもね。

ダー子は桂から7.5億をふんだくるつもりだったけど、結局どうなったんだろ?
最初の2.5億は返しちゃったのかな?頂いたのかな?

途中から完全に詐欺ではなくなってしまったので、お金の行方がよくわからない(笑)

今回のお気に入りは

ボクちゃんの「いつからいたんだ五十嵐……じゃないっ!!」ですかね~。

チョビ髭さん、お久しぶりの登場でした。
卓球で桂を嵌められなかったことを、自分のせいだと落ち込むチョビ髭さん。意外と気弱でいい人。

あと、秘密兵器「五十嵐」がプレー時間16秒で撃沈したシーンも笑った^^
一瞬だけ期待してしまったよ。

次回は最終回。とんでもない仕掛けが用意されているみたいで、楽しみでしょうがない!
映画化も決定したし、まだまだこの世界を見たいです。

見逃し配信は…
フジテレビオンデマンドにて、最新話のみ期間限定無料配信(期間外は有料配信)されます。

ほかの記事を読む?

「コンフィデンスマンJP」 コンフィデンスマンJP最終回(コンフィデンスマン編)3人の過去が暴かれる 「コンフィデンスマンJP」 コンフィデンスマンJP第7話(家族編)ガッキーだったらな