コンフィデンスマンJP第1話(ゴッドファーザー編)豪快な騙し合い

「コンフィデンスマンJP」

「コンフィデンスマンJP」

どうも、夏蜜柑です。
「コンフィデンスマンJP」が始まりました。第1話ゴッドファーザー編。

めっちゃ楽しかったわ~。冒頭の映画「スティング」のパロディで、ハートを鷲づかみされてしまいました(大好きな映画なのよ)。ダー子とリチャードとボクちゃんが憎めない悪党で、それぞれのキャラが立っているのもすごくよかった。

ダー子たちがやってることは、完全に「ルパン三世」の世界。100%ありえないんだけど、そこも含めて楽しい。最後まで「なんでやねん!」と笑ってツッコめる、最高のエンターテインメントコメディでした。

以下、ネタバレを含みますのでご注意ください。

第1話「ゴッドファーザー編」キャスト

ダー子……長澤まさみ
ボクちゃん……東出昌大
リチャード……小日向文世
石崎社長……山西惇
矢代久美子……未唯mie
赤星栄介……江口洋介

第1話「ゴッドファーザー編」感想

ひさびさに見る月9です。
調べてみたら、前回見たのは2013年の「ビブリア古書堂の事件手帖」でした。どんだけ苦手なんだ月9。

始まった直後から、「今から起こることは全部誰かを引っかけるための芝居なんだ」と眉間に皺を寄せて見ていたんですけど、あっという間に古沢ワールドに引きこまれ。

冒頭の「スティング」をパロったシーンで、眉間の皺がスッと消えました^^

なんでも、このドラマの企画担当者が「スティング」が大好きで、「『スティング』みたいな作品を作りたい」と言っていたそうで。

わかるわー。わたしも大好きだわー「スティング」。

ポール・ニューマンとロバート・レッドフォードが騙したり騙されたりするんだけど、カッコ良くてねー。最高に洒落てる映画なのですよ。

あーなんか久しぶりに見たくなったな。1973年公開の名作です。

話を冒頭のシーンにもどします。

女社長・矢代久美子とボクちゃんが、リチャードを仲間に引き込んでダー子を陥れ、金を巻き上げる。

と見せかけて、実は久美子に恨みがある中古車チェーンの社長・石崎が、ダー子とリチャードとボクちゃんを雇って大掛かりな偽芝居を打ち、久美子から1億を巻き上げる。

と見せかけて、実はダー子とリチャードとボクちゃんが自分たち以外の全員を騙し、石崎の1億と久美子の1億(計2億)を頂く、というオチ。

ものすっごい大掛かりだけど面白いわぁ、と思っていたら、これも伏線のひとつでした。
「ものすっごい大掛かり」という点が。

日本のゴッド・ファーザーと呼ばれる赤星栄介を次のターゲットに選んだダー子。

ボクちゃんは「足を洗う」と言って降りてしまい、リチャードと2人で計画を進めることに。ところが数日後、ボクちゃんのもとにリチャードが大怪我を負って昏睡状態だという連絡が入ります。

先にオチを言ってしまいますが、これはボクちゃんを計画に引き込むための嘘でした。実はリチャードはぴんぴんしてます。まぁ、ここは予想通りでしたね。ダー子の芝居が下手だったし。

リチャードは船長に扮して赤星に近づくのだけど、用心深い赤星はいっこうにリチャードを信用しようとしない。

あ、リチャードは相手の信用を勝ち取るのが得意という設定。小日向さんが演じるとすごい説得力ありますね。

赤星は、相手には信頼関係を求めるくせに、自分は誰も信じることができないという矛盾した性格の持ち主でした。相手に自分を信じさせ、支配することしか興味がないんです。

そんな赤星の性格を見抜いたダー子は、人が良くて騙されやすく、少し頼りないボクちゃんこそ、赤星が心を許すのに適役だと考えたわけです。

そしてダー子の思いどおり、ボクちゃんはすっかり赤星の魅力の虜になり、あろうことか彼を崇拝するまでになってしまう(東出さん適役!)

ダー子とリチャードの計画は、いったいどこまでが「本当」でどこからが「嘘」だったのか?
ひとつずつ整理してみます。

  • ターゲットが赤星なのは「本当」
  • リチャードが船長になりすまして赤星に接触したのは「本当」
  • リチャードが赤星に見破られてリンチされたのは「嘘」
  • ダー子がCAになったのは「本当」
  • 国税局査察部は「偽物」
  • いわき空港はまるごと「偽物」
  • 飛行機は「本物」
  • 飛行機の乗客は「偽物」(パイロットやCAは抱き込み済)
  • 飛行機に持ちこまれた20個のスーツケースは「本物」
  • 飛行機が上空でトラブルに見舞われたのは「嘘」
  • 飛行機から鳥取砂丘に落とされた20個のスーツケースは「偽物」
  • 赤星が飛行機から飛び降りたのは「本当」

だいたいは予想できたけど、いわき空港がまるごと偽物だとは思わなかったわ~。

このドラマは、騙し騙されの駆け引きを楽しむのと同時に、「ありえんて!」とツッコみたくなるものすっごい大掛かりな仕掛けを楽しむもののようです。

うん、面白い。こういうの大好き。
こういう月9なら、わたしでも楽しめるわ。

最後に明かされた、「ダー子が赤星をターゲットにした理由」も粋でしたね。

赤星は、土地を買い取るために暴力行為で脅して商店街を立ち退かせるのですが、その中にダー子が昔からファンだった老夫婦ふたりの小さな団子屋がありました。

ラストシーンで団子を頬張りながら、理由を聞かれてもしれっとして答えないダー子。

やってることは犯罪だけど、根っから悪い奴じゃないのがいいです。ハニートラップが絶望的にヘタ(長澤まさみさんなのに)という欠点も好きですねー。

江口洋介さん演じる赤星、このままじゃ終わらない予感。
どうやらカムバック編がありそうです。

まだ1話目なので、どう転がるかわからないところも楽しみです。
毎回このパターンは無理だろうな、とも思ったり。

ともあれ、楽しい月曜の夜になりそうです!

見逃し配信は…
フジテレビオンデマンドにて、最新話のみ期間限定無料配信(期間外は有料配信)されます。

 

ほかの記事を読む?

「コンフィデンスマンJP」 【映画化決定】コンフィデンスマンJP|登場人物(キャスト)・あらすじ・視聴率 「コンフィデンスマンJP」 コンフィデンスマンJP第4話(映画マニア編)佐野史郎はボクちゃんで落ちた