「蝶の力学 殺人分析班」第3話|鷹野と相羽の関係が明らかに

WOWOW「蝶の力学 殺人分析班」あらすじネタバレ感想
「蝶の力学 殺人分析班」

「殺人分析班」記事一覧

どうも、夏蜜柑です。
WOWOWの連続ドラマ「蝶の力学 殺人分析班」第3話。

鷹野主任と相羽さんの関係が明らかになりました。

そうか~すっかり忘れてたよ、その情報。
そう言えばそうだったよね。

そしてこれも忘れてたけど、鷹野主任はもともと「大事なことを言わない」人だったのよね。

シリーズ構成

第3話のあらすじ

容疑者だと思われた須藤辰則が第3の被害者として遺体で発見される。筋読みを間違えたことに責任を感じ、落ち込む塔子。

須藤の遺体の首には青い忘れな草が“4本”活けられており、“クラスター16”の“16”という数字が花の数を表しているのであれば、もう1人被害者が出ることになる。

塔子は真弓の家族と友人から、真弓が天野からDVを受けていたことを聞き出す。さらに真弓が不倫をしていたこと、不倫相手から青い石のペンダントを贈られていたことを知る。

真弓の実家の部屋からは「移植」「クライアント」「キャッシュ」と書かれたメモが見つかるが、何を示しているかは不明だった。

鷹野がいなくなる不安とプレッシャーで押しつぶされそうになる塔子に、課長の神谷が声を掛ける。鷹野が公安への異動を決断したのは、元相棒を殺した被疑者を公安が追っているためだった。

相羽町子は殺された元相棒の姉で、事件後精神的に不安定になった彼女を鷹野がフォローしたという。

塔子は町子と会って家族を失った悲しみについて語り合うが、町子は「如月さんは、本当の苦しみにまだ出会ってないのかもしれませんね」と言う。

鷹野の異動は今回の事件が片付くまで延期されることになる。鷹野が自分を十一係のエースと認めていることを知り、塔子は自信を取り戻す。

塔子は3つの犯行に一貫性がないことから、喉を裂いて花を挿したのは異常者だと思わせる偽装工作だと推測する。

天野邸の真弓のベッドから青い石のペンダントが見つかり、ペンダントを売った店の写真に「TS1」の常連客・坂口が映っていることが判明する。

捜査一課は“クラスター16”=坂口だと考え、真弓の不倫相手だった坂口が須藤と共謀して天野邸に押し入り、天野を殺したと推測。坂口を重要参考人として任意同行をかけることに。

毎朝新聞に新しいメールが届く。そこには「今夜私は大勢の人間を殺す」「立川市に行け」と書かれていた。

登場人物はこちら

WOWOW「蝶の力学 殺人分析班」WOWOW「蝶の力学 殺人分析班」登場人物(キャスト)・各話あらすじ感想

第3話の感想

須藤は共犯者だった

今回も情報山盛りです。
忘れないうちに書いておきましょう。

事件についてわかったこと
  • 須藤の私物から天野秀雄の財布と免許証が発見された(須藤が犯行に関わった可能性が高い)
  • 「TS1」の店内で違法薬物の取引が行われていた(村石の証言)
  • 真弓は天野からDVを受けていた(友人と家族の証言)
  • 真弓は不倫相手から青い石のペンダントを贈られていた(同上)
  • 真弓にペンダントを贈ったのは 「TS1」の 常連客・坂口
  • 3つの犯行に一貫性はなく、猟奇殺人を偽装した可能性が高い

まだ3話なのでひっくり返る可能性もありますが、須藤が「クラスター16」と共謀して事件に関わっていたことは間違いなさそうです。

そして真弓の家族がずっと奥歯に物が挟まったような言い方をしていたのは、DVと不倫の件を隠していたからだったんですね。それ以外にもまだ何かあるかもしれませんが。

なぜ青い花にこだわるのか?

しかし犯人の目的と動機は未だにわかりません。

明かされていない謎
  • 「クラスター16」の「16」は花の数(4本×4人)?
  • なぜ犯人は「青い花」にこだわるのか?
  • なぜ犯人は「毎朝新聞」にだけメールを送ってくるのか?
  • 実家の真弓の部屋から発見された「移植」「クライアント」「キャッシュ」と書かれたメモの意味は?
  • 須藤と共謀して天野を殺したのは坂口なのか?
  • 送られてきた「指」は誰のものなのか?

今回の青い花は「忘れな草」でした。
これ、ペンダントを表しているんでしょうか?

しかし猟奇殺人を偽装するための道具でしかないなら、この花には意味がないことになりますよね。

鷹野主任が言っていたように、最初のブルーデージーはテラスにあったものを使用していたけど、それ以外はわざわざ用意しているように思えます。

うーん。さっぱりわからないぞ。

鷹野と相羽の関係

そしてついに明らかになった「鷹野主任の隠しごと」。

相羽町子は、鷹野主任の殺された元相棒のお姉さんだったんですね。「石の繭」で「元相棒を亡くしてから新人に厳しく接するようになった」というくだりがあったのをすっかり失念しておりました。

原作者の麻見和史さんによりますと、そのときに名前も出ていたそうです。

神谷課長から鷹野主任が異動を決断した経緯を聞かされ、自信を取り戻す塔子。

塔子が十一係の頼もしいエースに成長したから、心置きなく出て行ける……そう思ったんですね、鷹野主任は。

ほんとにねぇ……こういう大事なこと、なんで話さないのかねぇ鷹野さんは。言葉が無理ならもう少しわかりやすい態度で示してほしいよね。ま、無理だろうけど(そこが彼の魅力でもある)。

塔子が悩んでいたことも、それほど深刻には考えてなかったのかもしれないなぁ(気づいてなかった可能性も大いにある)。

塔子が自信を取り戻したとき、鷹野主任が「もう一度言ってくれ、よくわからなかった」と真面目に聞き返すシーン、面白かったです。

「殺人分析班」記事一覧