「悪の波動 殺人分析班スピンオフ」第4話|驚愕の急展開!犯人の正体は…

WOWOW「悪の波動 殺人分析班スピンオフ」

「殺人分析班」記事一覧

どうも、夏蜜柑です。
WOWOWのオリジナルドラマ「悪の波動 殺人分析班スピンオフ」第4話。

えええ!?

犯人の正体が予想外すぎるんですけど!
そして「カナ」の正体も明らかに。

女性の名前じゃなかったのね。

第4話のあらすじとネタバレ

  • 吉佳(SUMIRE)は病院に運び込まれた剛志(平埜生成)を見舞うが、野木(古川雄輝)に半殺しの目に遭わされた剛志は吉佳が近づくだけで怯えた態度を見せる。井口(池田鉄洋)は野木が“首くくり殺人”事件の犯人だと確信する。
  • 吉佳はアパートにいた野木を問い詰め、警察にすべて話して欲しいと言う。アパートを出た野木は井口と鉢合わせ、逃げ回った末に井口を殴って怪我をさせる。井口は野木への捜査令状を要求する。
  • 野木は潔白を証明するため、“首くくり殺人”事件の4人目の被害者が住んでいたアパートを訪れる。被害者の隣の部屋に住む男は、井口に脅されて嘘の証言をしたと主張。野木は匿名で警察に通報し、井口は捜査から外される。
  • 隣室の男は被害者の部屋を盗聴しており、犯人らしき男との会話を録音していた。会話の中で被害者は「知りませんよ、カナなんて」と語っていた。その頃野木は、〝KANA〟という名の香水を手にしていた。
  • 井口は吉佳から野木の本名が「八木沼雅人」だと聞かされ、過去の誘拐事件の被害者だと知る。犯人の正体に気づいた野木は吉佳に連絡し、「井口が“首くくり”の犯人だ」と伝える。その時、井口が吉佳の部屋を訪れ、「安全な場所に移動しましょう」と誘い出す。
登場人物はこちら
WOWOW「悪の波動 殺人分析班スピンオフ」WOWOW「悪の波動 殺人分析班スピンオフ」全話あらすじ感想・登場人物(キャスト)・

第4話の感想

騙されたわ~。
イケテツさんに騙されたわ~。

いや、まだ最終回が残ってるから、ミスリードの可能性もありますけども。
井口さんが犯人だとして、動機は何なのでしょうか。

同僚の田端刑事(阿南健治さん)の話だと、井口さんのお母さんは不幸な亡くなり方をしているらしい。今回の事件は、そのお母さんの死を想起させるものだと言っていました。

お母さんを殺した犯人に復讐しているのでしょうか?

トレミーは「KANA」という名前の香水の匂いを嗅いで犯人に気づいた様子だったので、井口さんが香水をつけていた(あるいは匂いが移った)と思われます。

てっきり「カナ」は吉佳のことかと思ってたけど、人名ではなく香水の名前だったんですね。しかし、香水が事件とどう繋がっているのかがわかりません。

それに、井口さんの不器用でがむしゃらな性格と、用意周到で冷徹な犯人像が結びつかないんですよねー。それも含めて、全部計算だったってことかしら。

あの盗聴マニアの隣人の件にしても、先に聞き込みして「嘘の証言をしろ」と言い含めておいて、その後わざわざもう一度矢島刑事と一緒に訪れて、トレミーの写真を選ばせた……ってことですよね?

めちゃくちゃ狡猾じゃないですか。
どういう人なの、井口さんて。

次回は最終回です。

井口とトレミーの直接対決。
待ち遠しい。