NHKドラマ「八つ墓村」登場人物(キャスト)・あらすじ・原作

NHKドラマ「八つ墓村」

「金田一耕助」の記事一覧を見る

どうも、夏蜜柑です。
2019秋ドラマの紹介です。

吉岡秀隆さん主演のSPドラマ「八つ墓村」(NHK・BSプレミアム)。

血塗られた伝説と祟りにまつわる恐怖の連続殺人! 幾度も映像化された横溝正史渾身のホラー・ミステリー! シリーズ第3弾!吉岡秀隆演じる金田一耕助が謎に挑む!(NHK公式サイトより)

2016年の「獄門島」、2017年の「悪魔が来りて笛を吹く」に続く金田一シリーズ第3弾。

名探偵・金田一耕助を演じる吉岡さんは、かつて渥美清さんが金田一を演じた「八つ墓村」(1977)で映画デビューされています。

横溝作品の中でも人気が高く、1951年以降、これまでに映画化3回、ドラマ化5回と、計9回も映像化されています。

前2作がとてもよくできていて面白かったので、今回もかなり期待してます。楽しみです。

※この記事は随時更新中です

番組概要

あらすじ

戦国時代に村人が8人の落武者を惨殺し、大正時代に旧家の当主が32人の村人を殺害した過去を持つ、八つ墓村。その旧家・田治見家に、長らく縁が途絶えていた井川(原作:寺田姓)辰弥が跡継ぎとして戻ってくる。だが、それこそが悲劇の発端だった。祖父、異母兄、僧侶、尼僧…次々と殺害される関係者たち。だが、真相はようとして分からない。 そんな中、辰弥は巨大な鍾乳洞へと迷い込む。 そこで見たものは、落武者の鎧を身につけた田治見家当主の死蝋(しろう)だった。大伯母の老婆、異母姉、村の医師…殺人は留まるところを知らない。辰弥の出生の秘密を探り当てた金田一だったが、その頃、当の辰弥は、たたりを恐れる村人によって、鍾乳洞の奥に追いつめられていた。(NHK公式サイトより)

原作について

このドラマの原作は、横溝正史の探偵小説『八つ墓村』(1949年~1951年連載)です。

『本陣殺人事件』『獄門島』『夜歩く』に続く、「金田一耕助シリーズ」の長編第4作。

『獄門島』や『本陣殺人事件』と同じく、著者が戦時下に疎開した両親の出身地・岡山県が舞台。昭和13年に岡山県で実際に起こった「津山事件」がモチーフとして使われています。

夏蜜柑
今回も放送前に読む予定。

登場人物(キャスト)

金田一耕助(吉岡秀隆)
私立探偵。訪れた村で事件に遭遇する。

井川辰弥(村上虹郎)
田治見家の跡取りとして八つ墓村に呼び戻され、事件に巻き込まれる。

森美也子(真木よう子)
都会から嫁入りした未亡人。辰弥から好意を寄せられている。

田治見春代(蓮佛美沙子)
田治見家の長女。辰弥の姉。

里村典子(佐藤玲)
辰弥のいとこ。天真爛漫な性格。辰弥に好意を寄せる。

田治見要蔵(音尾琢真)
26年前に大量殺人事件を起こし、今回の事件の発端を作る。

田治見久弥(音尾琢真)
要蔵の長男で、田治見家当主。辰弥の兄。

磯川警部(小市慢太郎)
岡山県警の警部。金田一とは旧知の仲。

野村荘吉(國村隼)
村のもうひとつの分限者。美也子の亡き夫の兄。金田一に真相解明を依頼する。

「金田一耕助」の記事一覧を見る

ほかの記事を読む?

長谷川博己主演NHKドラマ「獄門島」ネタバレ感想 NHKドラマ「獄門島」エキセントリックな金田一と病んだ人々 NHKドラマ「悪魔が来りて笛を吹く」ネタバレ感想 NHKドラマ「悪魔が来りて笛を吹く」原作より淫靡で非情