コールドケース2―真実の扉―第3話|父親を疑わない息子

WOWOW連続ドラマW「コールドケース2」

「コールドケース」の記事一覧を見る

どうも、夏蜜柑です。
WOWOW連続ドラマW「コールドケース2―真実の扉―」第3話。

今回は2007年の事件。
ゲストは、萩原聖人さんと矢田亜希子さんでした。

母・恵理の転落死の真相を知りたいと訴える息子。
2年前、突然恋人を亡くした高木の癒えることのない悲しみとも重なりました。

大切な人が心に深い傷を負ったとき、そばにいる人間はどうすればいいのか……。

夏蜜柑

転落死の真相は悲しい。

以下、ネタバレを含みますのでご注意ください。

第3話「PKO」のあらすじ

  • 捜査一課に、高校生の野々宮広志(西山潤)が現れる。広志は2007年に転落死した母・恵理(矢田亜希子)が事件当日に会っていたと思われるジャーナリスト・大野(菅原永二)の名刺を発見し、調べて欲しいと訴える。
  • 大野は当時、イラク派遣から戻った自衛官が立て続けに自殺した件を取材していた。大野は、事件当日に恵理と会う約束をしていたことは認めるが、恵理は待ち合わせ場所に現れなかったと言う。
  • 恵理の夫で、広志の父・野々宮一希(萩原聖人)は、2007年のイラク派遣中に資材の下敷きになり、車椅子生活を送っていた。一希は、恵理が取材を受けようとした理由に心当たりがないと言う。
  • 2007年のイラク派遣時、一希と同じ隊にいた自衛隊幹部は、任務地のすぐ近くで爆撃があったことを認める。だが、一希の怪我は爆撃によるものではないと言う。
  • イラクから戻った一希は、実弟の蓮と恵理の仲に疑いを抱き、恵理に辛くあたるようになっていた。一希はイラク派遣でPTSDを発症し、精神的に追い詰められていた。一希は恵理と広志のために離婚を決意し、家を出て行く。
  • 恵理はなぜビルの屋上へ足を運んだのか。高木(永山絢斗)は、ビルの近くに横浜スタジアムがあることに気づく。恵理は、もう一度やり直そうと一希を呼び出してビルの屋上に連れて行き、2人で横浜スタジアムから上がる花火を見ようとしたのだった。
  • だが、花火の音が爆撃音と重なり、一希はフラッシュバックに襲われる。恵理は錯乱状態に陥った一希を必死になだめようとするが、一希に突き飛ばされ、転落してしまう。
  • 最後まで父親を信じていた広志に見送られ、一希は警察に連行される。高木は、ずっと行けなかった亡き恋人の墓を訪れ、手を合わせる。

第3話で流れた曲

  • 「旅立ちの唄」Mr.Children
  • 「永遠の翼」B’z
  • 「ポリリズム」Perfume
  • 「愛唄」GReeeeN

第3話の感想

こういう内容は、地上波だと難しいのでしょうね。
WOWOWドラマの「忖度しない」姿勢が好きです。

転落死の真相

今回の容疑者は、この3人。

  • 自衛官の自殺について取材していたジャーナリスト・大野
  • 一希がいない間、恵理と広志が仲良くしていた一希の弟・蓮
  • 恵理の夫で、イラク派遣時の事故で足が不自由になった自衛官・一希

犯人は、恵理の夫・一希でした。
故意でははなかったのが救い。

ドラマでの転落死って、「もみ合ううちに誤って転落」というケースが多い気がする。

気になったところ

毎回丁寧に作り込まれていてクオリティが高い作品なのですが、今回は少し「?」なところが目立ちました。

ビルの屋上が危険すぎる

フェンスもないし見るからに危険で、一般の人ましてや車椅子の人が、簡単に出入りできる場所だとは思えませんでした。

あと、2人であれだけ暴れたら、何かしら痕跡が残っていそうですよね。

ドラマではよくあることかもしれないけど、先に書いた「転落死あるある」と合わせて、引っかかりました。もうちょっとひねってほしかった。

弟の設定に意味がない

一希の弟・蓮(永岡佑さん)も自衛官という設定なのですが……。
この設定は、必要だったのかなぁ?

この人、恵理と広志と家族ごっこしてただけなんですよね。
で、一希に嫉妬される。それだけ。

イラク派遣にも全く絡んでない。
PTSDに苦しむ兄を理解する立場でもない。

このストーリーに、自衛官としての彼が必要だった理由が謎なんです。
むしろ普通の会社員とかにしたほうが、一希と差別化できてよかったんじゃないかなぁ。

広志は1ミリも疑わなかったのか

今回の捜査は、恵理の息子・広志が依頼したことから始まります。

彼は、母の遺品を整理していて大野の名刺を見つけ、「母に何があったのか知りたい」と思ったらしいのですが。

わたしなら、お父さんを疑ってしまうと思う。

彼らが「仲のいい夫婦」しか見せていなかったのならまだしも、一希は恵理に馬乗りになって、ガラスの破片で刺そうとしてましたからね。

その現場を、広志は見ているワケです。
子供なら、相当ショックな場面だと思います。

父親を信じたい一方で、「もしかしたら……?」という気持ちが生じるほうが、自然ではないでしょうか。

広志が父親を1ミリも疑わず、純粋に「母親の死の真相を知りたい」と警察に訴える点に、無理があるように感じました。

次回のゲストは…

次回「執行」は、佐藤浩市さんと吉岡秀隆さんがゲストです。

佐藤浩市さんは、刑務官役。
吉岡秀隆さんは、死刑囚役。

夏蜜柑

いやもう豪華すぎて泣くわ。

ふぐ丸

待ち遠しい。

「コールドケース」の記事一覧を見る


ほかの記事を読む?

WOWOW連続ドラマW「コールドケース2」 コールドケース2―真実の扉―第4話|ねこさんがカッコいい WOWOW連続ドラマW「コールドケース2」 コールドケース2―真実の扉―第2話|宮藤官九郎の涙