コールドケース2―真実の扉―第4話|ねこさんがカッコいい

WOWOW連続ドラマW「コールドケース2」

「コールドケース」の記事一覧を見る

どうも、夏蜜柑です。
WOWOW連続ドラマW「コールドケース2―真実の扉―」第4話。

あーーー泣いたわー。

今回は、1997年に幼い兄弟が刺殺された事件。
ゲストは、佐藤浩市さんと吉岡秀隆さんでした。

ゲストがメインの回になると予想していたのですが、レギュラー陣がメインの話でしたね。
内容はよかったけど、少しもったいない気もしました。

ゲストのおふたり、別の話で出てほしかったなぁ。

夏蜜柑

もっと堪能したかった…というのが本音。

以下、ネタバレを含みますのでご注意ください。

第4話「執行」のあらすじ

  • 神奈川県警の現職警官・中島明が自殺を図る。証拠のもみ消しなど、中島の不祥事が明るみに出た矢先だった。金子(光石研)は、かつて中島と共に荻原(吉岡秀隆)の取り調べを行ったことがあった。
  • 荻原は、1997年に幼い兄弟が殺された事件の犯人として死刑判決を受けていた。荻原の教育担当となった刑務官の寺山(佐藤浩市)は、今も荻原が犯行を否認していることを金子に伝える。
  • 事件当日、荻原は引っ越し業者として殺された兄弟の母親・葉子(西田尚美)に雇われ、運搬作業を行っていたが、不手際で葉子を怒らせていた。荻原が現場へ行ったのは葉子に謝罪の手紙を渡すためで、その手紙は中島に奪われたと訴えていた。
  • 葉子は、玄関から出て行く荻原を見たと供述していたが、証言を撤回。事件当日、長男が荻原に悩みを相談し、心を開いていたことを打ち明ける。
  • 金子は再捜査を訴えるが、県警刑事部長の井内(利重剛)はメンツを理由に却下。荻原の死刑が執行される。金子は、寺山から荻原が自分に宛てて書いた手紙を渡される。そこには「俺の無実を証明してください」と書かれていた。
  • 中島が残した書類の中から、荻原が葉子に宛てた謝罪の手紙が見つかる。手紙には前向きな言葉が綴られ、とても殺人を犯す前に書いたとは思えない内容だった。だが井内は、死刑が執行された荻原に名誉など必要ないと言い放ち、金子は思わず井内を殴ってしまう。
  • 百合(吉田羊)は、当時荻原が雇われていた引っ越し業者の社長・戸川(橋本じゅん)を取り調べる。戸川は実の娘に性的虐待を繰り返し、娘が家出したことで鬱屈を抱えていた。自分の寂しさを埋めるため、母親が夜勤でいない兄弟のもとへ足を運んだのだった。
  • 百合は葉子に事件の真相を伝える。金子は寺山と共に、荻原の火葬に立ち会う。

第4話で流れた曲

  • 「白い雲のように」猿岩石
  • 「砂の果実」中谷美紀 with 坂本龍一
  • 「歌うたいのバラッド」斉藤和義
  • 「Calling」B’z

第4話の感想

橋本じゅんさんが登場した瞬間に「怪しい」って思っちゃいました。
だって存在感ありすぎるんだもの。

佐藤浩市さんと吉岡秀隆さんは言わずもがな。

でも今回は、間違いなく光石さんの回だったと思う。
普段は穏やかで、暴走しがちな立川や高木を止める役目だった“ねこさん”。

そのねこさんが感情的になって、上司に食ってかかるシーンは痺れました。

夏蜜柑

カッコよかったです!

警察官の不祥事

発端は、悪徳警官・中島の自殺でした。

“ねこさん”こと金子刑事は、かつて中島と一緒に荻原の取り調べを行っていました。

荻原は、自分の疑いを晴らす証拠になるかもしれない「手紙」を、中島に盗られたと訴えていたけれど、ねこさんは信じなかった。中島の言い分を信じてしまった。

自分の判断を後悔するねこさん。

でも、寺山刑務官は、「始まりはおまえが荻原に送った手紙だ」と話していたんですよね。どうやらねこさんは、中島が自殺する前に、荻原に手紙を送っていたようです。

ねこさんにとって、荻原はずっと気にかかる存在だった。
中島の不祥事が発覚してもしなくても、再捜査を望んでいたと思います。

ねこさんと寺山の関係

刑務官の寺山とねこさんは、旧知の仲といった雰囲気でした。
お互いにタメ口でしたしね。

調べてみると、寺山役の佐藤浩市さんは1960年12月生まれの57歳。
金子役の光石研さんは1961年9月生まれの57歳で、2人は同い年でした。

劇中では詳しく語られませんでしたが、会話の端々に不穏なニュアンスが漂っていたので、お互いに軽々しく口にはできないことを腹の中に抱え込んでいる、ということなのでしょう。

年齢的に考えても、それが普通だと思います。

寺山は、荻原の無実を証明できるのがねこさんだけだということも知っている。
だからしつこくハッパをかけたのでしょうね。

メンツで無実の人間が殺される

今回は、許しがたい人間が2人いました。

ひとりは真犯人の戸川。
もうひとりは刑事部長の井内です。

メンツを理由に再捜査を却下し、荻原の死刑が執行されると「死んだ人間の名誉挽回など必要ない」と暴言を吐く井内。

ねこさんは我慢できず、井内を殴り飛ばしてしまう。
暴力はよろしくない。しかも相手は刑事部長ですし。

だけど、その場にいた百合も、高木も、そしておそらく課長代理も、ねこさんと同じ気持ちだったに違いない。もちろんわたしも。

井内を演じたのは、利重剛さん。
わたしの中では、嫌な人を演じたら右に出る者いないってくらい、うまいです。

夏蜜柑

こういう上司、警察じゃなくてもいるよね。

チームの絆

今回の事件を通して、チームの絆がより強くなったように感じます。

「死刑判決の出た事件に手は出せない」と言いながら、ねこさんの思いを汲んで捜査に協力する百合。

立川はそんな百合に対して「上司なら止めろよ」「甘いな」と非協力的な態度を見せていたのに、死刑が執行されて悄然とするねこさんを「手遅れじゃないでしょ」と奮い立たせる。

夏蜜柑

やっぱり立川とねこさんの関係が最高。好きだわー。

課長代理の「おれを仲間はずれにすることないだろ」もいいですよね。
このチーム、ずっとこのまま変わらずにいてほしい。

微妙だった「Calling」

ゲストのおふたりが思ったより見せ場が少なくて残念だったところはありますが、内容的には面白かったし満足できた第4話でした。

でもラストに流れたB’zの「Calling」は微妙。
突然あんな激しい音楽が流れてきたら、見てるほうはビックリするよ。ナニゴトかと思ったわ。

バラード部分は、映像と合っていてよかったんですけどねー。
ねこさんが立ち止まって荻原(の幻)と見つめ合うシーンは、泣かずにはいられなかった。

最初からバラード部分を流してほしかったなぁ。

邦楽は、使う場面によっては歌詞が邪魔して雰囲気を壊してしまうから、難しいですよね。

 

「コールドケース」の記事一覧を見る


ほかの記事を読む?

WOWOW連続ドラマW「コールドケース2」 コールドケース2―真実の扉―第5話|田中圭の悪い顔 WOWOW連続ドラマW「コールドケース2」 コールドケース2―真実の扉―第3話|父親を疑わない息子