刑事モース~オックスフォード事件簿~シーズン5(Case18~23)全話あらすじ感想・登場人物(キャスト)

「刑事モース~オックスフォード事件簿」シーズン5ネタバレ感想・登場人物

「刑事モース」記事一覧

海外ドラマ「刑事モース~オックスフォード事件簿~」シーズン5(Case18~23)についてまとめました。

1960年代のオックスフォードを舞台に、人気小説『モース警部』の若かりし頃を描いたイギリスitvの正統派ミステリードラマ第5弾。2018年2月4日から3月11日 にかけて放送されました。

オックスフォード市警察は統合されてテムズ・バレー警察となり、モースはついに念願の巡査部長に昇任。新たなメンバーも加わります。

刑事モース関連記事

作品概要

  • 製作国:イギリス(2018年)
  • 原題:Endeavour
  • 原案:コリン・デクスター『モース警部』
  • 脚本:ラッセル・ルイス
  • 演出:ブレイディ・フッド
  • 音楽:バリントン・フェロング
  • 製作総指揮:レベッカ・イートンほか

登場人物(キャスト)

※シーズン4までのネタバレを含みます

主要人物

エンデバー・モース(ショーン・エヴァンス/声:矢野正明)

テムズ・バレー警察カウリー署の刑事。昇任試験に合格して巡査部長となる。頭脳明晰。冷静な判断と直感で数々の難事件を解決する。クロスワードパズルとクラシック音楽を愛し、かよわい女性に弱い。上司サーズデイの娘ジョアンに想いを寄せている。

フレッド・サーズデイ(ロジャー・アラム/声:土師孝也)

テムズ・バレー警察カウリー署の警部。モースが信頼する上司。早くからモースの才能を認め、ともに難事件を解決してきた。娘のジョアンを心配するあまり過保護になり、ジョアンから反発されている。

レジナルド・ブライト(アントン・レッサー/声:佐々木睦)

テムズ・バレー警察カウリー署の警視正。モースたちカウリー署の捜査陣を管轄する。組織の規律や慣習を重んじる昔気質の性格。

ジム・ストレンジ(ショーン・リグビー/声:丸山壮史)

テムズ・バレー警察カウリー署の巡査部長。モースとはよき友人でもある。現在はモースと同居している。

シャーリー・トルーラブ(ダコタ・ブルー・リチャーズ/声:野首南帆子)

テムズ・バレー警察カウリー署の女性巡査。Case11から登場。新人ながら優秀で、何事にも意欲的に取り組む。彼女の何気ない一言がモースの捜査を助けることも多い。

ジョージ・ファンシー(ルイス・ピーク/声:露崎亘)

カウリー署に新しくやってきた新米の刑事巡査。Case18から登場。モースの部下となるが、軽口でモースをイラつかせる。トルーラブに恋心を抱く。

マックス・デブリン(ジェームズ・ブラッドショー/声:魚建)

テムズ・バレー警察に勤める警察医。非常に優秀で、的確な指摘で事件の解決に貢献する。

サーズデイの家族

ウィン・サーズデイ(キャロライン・オニール)

サーズデイの妻。毎朝夫に昼食用のサンドイッチを作って持たせている。黙って家を出ていった娘ジョアンと連絡が取れずノイローゼに陥っていたが、町に帰ってきたため元気を取り戻す。ジョアンとサーズデイの間に起こった出来事(Case17)については何も知らない。

ジョアン・サーズデイ(サラ・ヴィッカース/声:長尾明希)

サーズデイの娘。Case13で家族に黙って家を出て行き、何か月も連絡を絶っていた。サーズデイによって既婚者の恋人と別れることになり、町に戻ってくる。モースが想いを寄せる女性。

サム・サーズデイ(ジャック・バノン)

サーズデイの息子。Case13で陸軍に入隊するため家を出た。現在はサウスオックスフォードシャー軽歩兵連隊に配属されている。

そのほか

ドロシア・フラジル(アビゲイル・ソウ/声:定岡小百合)

オックスフォード・メール新聞の気骨ある編集長。モースの捜査に何かと協力してくれる。

各話のあらすじ(ネタバレ有)

Case18「堕ちたミューズ」

1968年4月。オックスフォード市警察は4つの警察と統合し、テムズ・バレー警察となる。巡査部長に昇任したモースは新人教育を任され…。

「刑事モース~オックスフォード事件簿」シーズン5ネタバレ感想・登場人物刑事モース~オックスフォード事件簿~Case18|モースが巡査部長に、新メンバーも登場

Case19「死のフィルム」

1968年5月。ピットリバース博物館で警備員をしていた元刑事のロナルド・ビーヴィスの遺体が自宅で発見される。

「刑事モース~オックスフォード事件簿」シーズン5ネタバレ感想・登場人物刑事モース~オックスフォード事件簿~Case19|ファラオの呪いと戦争の傷痕

Case20「殺意を誘う列車」

1968年6月。ウォディントン駅の貨物操車場でトラック運転手バート・ホッブスが殺され、ウイスキーなどの積み荷が奪われる事件が発生。

「刑事モース~オックスフォード事件簿」シーズン5ネタバレ感想・登場人物刑事モース~オックスフォード事件簿~Case20|偉そうな強盗課のボックスとドーソン

Case21「失われた英雄」

サーズデイ警部の息子サムがいるサウスオックスフォードシャーの連隊基地で、殺人事件が発生する。

「刑事モース~オックスフォード事件簿」シーズン5ネタバレ感想・登場人物刑事モース~オックスフォード事件簿~Case21|サーズデイの息子サムが事件に巻き込まれる

Case22「疑惑の四重奏」

オックスフォードで収録されたゲーム番組で、ドイツ代表選手が銃撃されて死亡。流れ弾で6歳の少年スティーヴンが重体となる。

「刑事モース~オックスフォード事件簿」シーズン5ネタバレ感想・登場人物刑事モース~オックスフォード事件簿~Case22|サーズデイ警部が引退を決意

Case23「ねじれた翼」

男子校の教師が行方不明になる。モースは上層部から潜入捜査を命じられ、教師に扮して学校に赴任することに。

「刑事モース~オックスフォード事件簿」シーズン5ネタバレ感想・登場人物刑事モース~オックスフォード事件簿~Case23|さよならカウリー署…4人の誓い

「刑事モース」記事一覧

ほかの記事を読む?