シャーロック・ホームズの冒険|登場人物(キャスト)・各話ネタバレ感想・時代背景

海外ドラマ「シャーロック・ホームズの冒険」キャストあらすじ

「シャーロック・ホームズの冒険」記事一覧

海外ドラマ「シャーロック・ホームズの冒険」についてまとめました。

英国の作家アーサー・コナン・ドイルが生んだ名探偵、シャーロック・ホームズ。名優ジェレミー・ブレットがこの世界一有名な探偵を演じ、「原作のイメージそのもの!」と絶賛されたシリーズ。

NHK公式サイトより

原作を忠実に映像化し、“真のシャーロック・ホームズ”と世界中のホームズファンから絶賛されたジェレミー・ブレット主演のドラマシリーズ。英国グラナダTVで1894年~1994年に放送されました。

熱狂的なファンを生むも、主演ジェレミー・ブレットの死により全原作の映像化には至らず、第6シリーズ(全41話)で終了。19世紀ヴィクトリア朝のロンドンを再現した街並み、衣装、小道具などにも注目したい名作です。

※この記事は随時更新中です。各話視聴後、加筆修正します

作品概要

  • 放送局:BSプレミアム/BS4K
  • 放送時間:2021年8月11日(水)から毎週水曜21:00~
  • 製作国:英国(1984年~1994年)
  • 原題:The Adventures of Sherlock Holmes(第1話~第13話)/The Return of Sherlock Holmes(第14話~第26話)/The Case-Book of Sherlock Holmes(第27話~第35話)/The Memoirs of Sherlock Holmes(第36話~第41話)
  • 原作:アーサー・コナン・ドイル「シャーロック・ホームズ」シリーズ
  • 音楽:パトリック・ゴワーズ

あらすじ

自分の推理力を発揮できる刺激的な事件を待っているシャーロック・ホームズ(ジェレミー・ブレット)のもとに仕事の依頼が届く。友人でありパートナーのワトソン(デビッド・バーク)とともに迎えた依頼者はただならぬ雰囲気の人物だった。そして、ホームズは生涯、忘れえぬ女性、エレーナ・アドラーと対峙することになる。

NHK公式サイトより

原作について

このドラマの原作は、英国作家アーサー・コナン・ドイルの「シャーロック・ホームズ」シリーズです。

原作のシリーズ第1作は長編『緋色の研究』で、ホームズとワトソンの出会いもこの作品で描かれていますが、このドラマでは制作されなかったストーリーのうちのひとつ。

ドイルは1887年から1927年にかけて合計60編(長編4、短編56)を発表しました。最初の長編2つ(「緋色の研究」と「四つの署名」)は人気が出ず、創刊されたばかりの月刊誌「ストランド・マガジン」で短編の連載を始めたところ、大人気に。

そのヒットのきっかけとなった作品が、このドラマの第1話で描かれた「ボヘミアの醜聞」です。以降、シャーロック・ホームズは一話完結のシリーズもの(当時は画期的だった)として毎月掲載され、熱狂的なファンを獲得します。

しかしドイルが本当に書きたかったのは「本格的な歴史文学作品」で、彼にとってホームズは収入を得るために書いた「レベルの低い娯楽作品」でした。自分の思惑に反して多くの読者の心を掴み、一人歩きするホームズを、彼は憎々しく思っていました。

一旦はホームズを死なせてシリーズを終了したドイルでしたが、結局は破格の報酬や読者からの圧力に負けてホームズを死の淵から蘇らせ、シリーズを復活させることになりました。

私は20代の頃に何冊か読み、ドラマもNHK放送時に時々見ていたのですが、大昔過ぎて内容はほとんど覚えてません…。今回の放送に合わせて原作を読み返してみようかな、と思っています。

年表(時代背景)

イギリスの出来事
1829年ロンドン警視庁(スコットランドヤード)創設
1837年ヴィクトリア女王即位
1840年アヘン戦争(~1842年)
1847年シャーロット・ブロンテ『ジェーン・エア』出版
1848年コレラ流行
1851年ロンドンで第1回万国博覧会開催
1853年クリミア戦争(~1856年)
1857年インド大反乱(~1858年)
1858年東インド会社解散、植民地時代が終わる 
1859年チャールズ・ダーウィン『種の起源』出版
1863年ロンドンで世界初の地下鉄が開通
1865年ロンドン市内で下水道の整備工事始まる
ルイス・キャロル『不思議の国のアリス』出版
1877年イギリス領インド帝国成立
1887年アーサー・コナン・ドイル『緋色の研究』発表
1888年切り裂きジャック事件
1890年ロンドンの街で自動車が走り始める
1901年ヴィクトリア女王崩御

登場人物(キャスト/吹き替え)

シャーロック・ホームズ(ジェレミー・ブレット/声:露口茂 ※追加収録分は諸角憲一)
並外れた観察眼を持つ私立探偵。ベイカー街221Bの下宿に住んでいる。平穏を毛嫌いし、刺激を与えてくれる難解な事件が起こるのを待ち望んでいる。事件がないときは退屈に耐えられず、モルヒネやコカインに手を出す。

ジョン・H・ワトソン(デビッド・バーク/声:長門裕之 ※追加収録分は金尾哲夫/立木文彦 第14話以降はエドワード・ハードウィック/声:福田豊土 ※追加収録分は園江治/宝亀克寿)
ホームズの同居人で相棒。元軍医。戦地で負傷して帰国し、友人を介してホームズと知り合った。ホームズを尊敬し、友人として事件の捜査にも進んで協力する。

ハドソン夫人(ロザリー・ウィリアムズ/声:竹口安芸子
ホームズとワトソンが暮らすベイカー街221Bの下宿の女主人。変わり者のホームズに手を焼きつつ、母親のような目で見守っている。

レストレード警部(コリン・ジェボンズ/声:川辺久造)
ロンドン警視庁の警部。ホームズとはライバル関係にあるが、助言を求めることもある。

各話のあらすじと解説(ネタバレ有)

第1話「ボヘミアの醜聞」

ホームズのもとに謎めいた手紙が届き、まもなくボヘミアの貴族クラム伯爵と名乗る男が訪ねてくる。男は仮面をつけていたが、ホームズは一目で男の正体を見抜き…。

海外ドラマ「シャーロック・ホームズの冒険」キャストあらすじシャーロック・ホームズの冒険*第1話「ボヘミアの醜聞」ネタバレ感想

第2話「踊る人形」

ホームズはダービーシャーのリドリング・ソープ荘に住む名士ヒルトン・キュービットから、不思議な“踊る人形”の絵の謎解きを依頼される。

海外ドラマ「シャーロック・ホームズの冒険」キャストあらすじシャーロック・ホームズの冒険*第2話「踊る人形」ネタバレ感想

第3話「海軍条約事件」

ワトソンのもとに、外務省に勤める友人から助けを求める手紙が届く。秘密条約の書類を何者かに盗まれたというのだ。ワトソンとホームズは書類を取り戻すべく動き出す。

海外ドラマ「シャーロック・ホームズの冒険」キャストあらすじシャーロック・ホームズの冒険*第3話「海軍条約事件」ネタバレ感想

第4話「美しき自転車乗り」

ホームズはバイオレット・スミスという女性の訪問を受ける。彼女は音楽を教えながら母親と2人で細々と暮らしていたが、叔父の友人だという男2人が現れ…。

海外ドラマ「シャーロック・ホームズの冒険」キャストあらすじシャーロック・ホームズの冒険*第4話「美しき自転車乗り」ネタバレ感想

第5話「曲がった男」

ワトソンはマローズ連隊の副司令官・マーフィー少佐に助けを求められる。司令官のバークレー大佐が自宅で変死し、妻のナンシーに殺人の嫌疑がかかっているという。

海外ドラマ「シャーロック・ホームズの冒険」キャストあらすじシャーロック・ホームズの冒険*第5話「曲がった男」ネタバレ感想

第6話「まだらの紐」

ヘレンという女性がホームズを訪ねてくる。彼女は乱暴な義父ロイロットと暮らしていたが、2年前に謎の死を遂げた姉と同じことが自分の身に起こっていると話す。

海外ドラマ「シャーロック・ホームズの冒険」キャストあらすじシャーロック・ホームズの冒険*第6話「まだらの紐」ネタバレ感想

「海外ドラマ」記事一覧

ほかの記事を読む?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です