「長安二十四時」第27話・第28話|何執正は暗殺計画を知っていた?

中国ドラマ「長安二十四時」あらすじキャスト

「長安二十四時」記事一覧

中国ドラマ「長安二十四時」第27話・第28話のあらすじと感想です。

このドラマにおける「望楼」の役割は、携帯電話を越えていますね(第2話の感想参照)。今回は胸熱の展開で、ちょっと泣けました。

姚汝能、おいしいとこ持ってったなぁ。

第27話・第28話のあらすじ

林九郎暗殺の容疑で捕らえられた何孚は、右相府に連行される。目が見えない何孚は刑部だと思い込み、龍波を捕まえてくれと訴えるが、目の前にいるのが仇敵・林九郎だと知って絶望する。
林九郎は、汚名を着せられて死んだ何孚の父の名誉を回復する代わりに、黒幕の名を明かすよううながす。龍波の背後には何者かが存在すると答える何孚。
姚汝能は望楼の武候たちを追い払い、小敬に向けて「退くな」と暗号を送る。小敬は元載率いる右驍衛の兵たちを迎え撃ち、皆殺しにする。吉温に捕らえられた姚汝能は、靖安司の牢に入れられる。
李必は地下城にとらわれ、病によって地下牢暮らしを余儀なくされている阿枝と出会う。阿枝のために塗り薬を煎じる李必。そして事件が解決すれば長安一の医官に治療させると約束する。
李必を林九郎暗殺の刺客だと勘違いした阿枝の兄は、「望む場所へ逃がしてやる」と李必を解放する。

小敬は葛の旦那に仲裁を頼むためイスとともに地下城へ潜入し、李必と再会する。龍波の背後で操っている者がいるはずだと考えた李必は、小敬に守捉郎の線を洗ってくれと頼み、何孚を探しに行く。
李必と別れた小敬は葛の旦那に取引を持ちかけ、守捉郎の雇い主を聞き出すために協力してほしいと頼む。話し合いの最中、馬大郎がクーデターを仕掛ける。馬大郎を殺してクーデターを阻止した小敬に、葛の旦那は「これを見せれば守捉郎は従う」と金の指輪を渡す。
何孚が捕まったと知り、林九郎のもとへ急ぐ郭利士。だが林九郎から何執正を調べるように言われ、何執正の行方を探す。調べると、何執正は今朝早く旧友の焦遂、左相の李適之と酒店にいたことが判明。李適之を呼び出し、何を話していたのか問い詰める郭利士。
すると李適之は、「今日の宴で陛下が詔を下す前に、林九郎は必ず死ぬ」と何執正が語っていたことを明かす。

登場人物&相関図はこちら

中国ドラマ「長安二十四時」あらすじキャスト長安二十四時|相関図・登場人物(キャスト)・全話あらすじ感想・時代背景・用語解説・予告動画

第27話・第28話の感想

何孚を丸め込む林九郎

龍波にまんまと騙されて、林九郎暗殺の首謀者として捕まった何孚。しかも連れてこられた場所は刑部ではなく、仇敵・林九郎のいる右相府。

「私の狙いは林九郎だけ。民を巻き込みたくない」と、龍波を捕まえるよう訴えていたから、何孚は長安を焼き払う気はなかったみたいですね。しかし、それならなぜ龍波が伏火雷300樽を用意するのを許可したんだろう?

林九郎に一族を皆殺しにされ、6歳にして奴隷商人に売られ、復讐計画は龍波に裏切られて失敗し、両目をえぐられ、仇敵にとらわれ……悲惨すぎて哀れになってきました、何孚。

しかも「太子の関与を認めれば父親の名誉を回復してやる」と林九郎に持ちかけられ、丸め込まれそうな様子。アカンって!信じるな!/(≧□≦;)\

何孚は「龍波の背後には何者かがいる」と言っていたけど、本当なのかハッタリなのか。彼がどこまで知っているのか謎ですね。

姚汝能が送ったメッセージ

靖安司に追われ、長安から逃げることを決めた小敬でしたが、姚汝能が望楼を占拠して送った「退くな」というメッセージ(暗号)に鼓舞され、気が変わります。

小敬が思い出したのは、戦場での聞無忌の言葉。

「自分の選んだ道が正しいか迷ったら、覚えておけ。“退くな”と」

この暗号は街をさまよう檀棋や地下城にとらわれた李必のもとにも届き、うなだれていた彼らは上を向く。このシーンには目頭が熱くなりました。姚汝能、見直したわ。

しかし命令に背いたとして、姚汝能は吉温にお説教されて靖安司の牢へ。牢にはまだ程参がいますね。お腹を空かせているようです。

小敬を取り逃がした元載は、吉温にどう言い訳をしようか悩んでいる様子。韞秀は元載の出世のために身を引こうとしますが、元載は「必ず名をあげて一生君を守る」と誓います。

なんだかここだけ妙にロマンスモードだなぁと思ったら、この2人は実在の人物で、実際に夫婦になっているんですね。「後世の者は必ずや史書にて目にするであろう。“元載”とその妻“王韞秀”の名を」というセリフそのままに。

再び出ました、葛の旦那

守捉郎の雇い主を聞き出すため、葛の旦那に間に入ってもらおうと思いつく小敬。なんでそんなこと思いつく? 第6話であれほど酷い目に遭ったのに。お人好しか、小敬!

地下城へ潜った小敬は、ばったり李必と再会。龍波の背後で操っている者を突き止めるため、李必は何孚を探しに、小敬は葛の旦那に会いに行きます。李必は「何監でも太子でもない」と断言していましたが、何か根拠があるのでしょうか?

小敬は葛の旦那と再会。と言っても、劇中では前回会った時から24時間経ってないんですけどね。ちょっと感覚が狂いますね。

葛の旦那のそばには、妓女の瞳児がいます。前回は牢に入れられていましたが、今回は美しく着飾っていて誰だかわからないほどに変身。

取引を持ちかけた小敬に、葛の旦那は「伏火雷の配合を教えろ」と相変わらず無茶な要望を突き付けてきますが、なんやかんやあって小敬が葛の旦那の命を救い、タダで指輪(これを見せれば守捉郎が従うらしい)をいただきました。よかったね。

何執正は暗殺計画を知っていた?

何孚が捕まったと知った郭利士は、何執正を探しますが見つかりません。で、いろいろ調べたら、今朝の午前9時まで、彼が2人の男と酒を飲んでいたことが判明。

1人は旧友の焦遂。この人は第1話で曹破延に殺されていますね。もう1人は、左相・李適之。太子派の人です。

李適之を呼び出して問い詰めると、「今日の宴で陛下が正式に詔を下す前に、林九郎は必ず死ぬ」と何執正が語っていたことを明かします。

これが本当だとしたら、第1話は巳の正刻(午前10時)から始まってますから、何執正は物語の最初から林九郎暗殺計画を知っていたということになります。

そして、林九郎暗殺はあくまで何孚の計画であり、龍波たちの目的は別にあって林九郎を暗殺するつもりは端からなかったわけで、何執正は龍波たちとは繋がっていないことがわかります。

現在の時刻は、子の初刻(午後11時)。
もうすぐ日付が変わります。

ほかの記事を読む?